インディペンデント・ストリートカルチャーマガジン『DAWN』の最新号が刊行 | ILL-BOSSTINO、ゆるふわギャング、dodo、仙人掌、Fuji Taito、『K/A/T/O MASSACRE』などが登場

インディペンデント・ストリートカルチャーマガジンとして注目を集めている『DAWN』が最新号『DAWN N°2 SUSTINABLE FUTURE』を刊行する。

前号より早2年。特集テーマをSUSTINABLE FUTUREと題した今号は、創刊号の3倍のボリュームとなったN°1.5から、さらにページ数は増量し、判型も拡大した。アートディレクターは前号に続き、石黒景太がほぼ全てのページを手掛けている。

テーマを元に「それでも考えることをやめない ──クラブコミュニティを超えて性暴力の問題と向き合うには?」という特集では昨年のMURVSAKIの事件などを例にした記事が掲載。また「ラップと仕事」特集ではQN、仙人掌、dodoなどが登場。

また「移動する音楽」と題された特集では食品まつり、ゆるふわギャング、Fuji Taitoなどが登場する。

他にも幡ヶ谷FORESTLIMITを舞台に毎週パーティーを開催している『K/A/T/O MASSACRE』や、ARC'TERYXなどの記事も掲載するなど、今回も読み応えがありそうな記事が並んでいる。

以下が編集部からのイントロダクションとなる。

INTRODUCTION

はっきりした指針を示さないコロナ対策に我慢の限界はとうに超え、なし崩し的に通常の日々が戻りつつある。制限がなくなること。もちろんそれ自体は喜ばしいことだが、虚構と事実が錯綜するネット社会において一体何が本当のことなのか、もはやわからなくなっているのが正直なところだ。それに加え、ロシアのウクライナ侵攻に、止まらない円安と物価上昇。こんな時こそ、民衆の不安を少しでも取り除く役割を果たすのが本来の国家のあるべき姿だが、判断を各人に丸投げし、なかば責任を放棄しているとしか思えない対応には、疑問と怒り、そして虚しさが去来する。行き過ぎた市場経済が生んだ効率・競争社会による格差と分断の溝はパンデミックによってさらに深まり、それを打開するために掲げられた「ニューノーマル」や「価値観のアップデート」といったスローガンも、気づけば耳にすることはなくなった。

結局のところ、あれから何か変わったのだろうか。
あの時思ったことは、まだ忘れずにもっているだろうか?

とは言え、今月も支払いは迫ってくる。現実は過酷で無慈悲だ。眼前にかかったモヤは、いまだ晴れることがない。

それでも、この社会を取り巻く問題の数々に絶望するのではなく、責任を引き受けていく姿勢ではあり続けたい。特にストリートカルチャーは、足を突っ込んでいる全員がプレイヤーでもあるDIY文化だからこそ、なおさらこのカルチャーに恩恵を受けた人たち自身の手で、次世代へと文化を受け継いでいく必要がある。当然それはカルチャーの末席にいる本誌にも言えることだ。そこで、今このテキストを読んでくれているモノ好きなあなたや、そこから転がっていった先で手に取ることになる人が少しでも良い方向に向かう一助になるような、そんな信頼に足る言葉を持っている人たちのことを思い浮かべていくとそこには共通点があった。

続けている人たちだ。

初期衝動はとうの昔に過ぎ去り、剥き出しになった己と対峙して、それでも表現を続けている根っからの表現者たち。そんな人たちが持つ、重ねてきた時間の上にしか成り立つことのない言葉。それこそが資本主義の名のもとで、すぐに消費されるインスタントな現代が見失ってしまった言葉であり、いま聞きたい、聞くべき言葉ではないだろうか。それは、たとえトレンドとの距離があったとしてもいい。そもそもトレンドなんてあってないような時代なのに、脚光を浴びるのはごく一部のアーティストの、それもごく一部の期間だけに限られているのがおかしな話なのだ。素晴らしい才能を持った人たちはまだまだ他にもいる。本誌が担うべきなのもそうした人たちに光を当てていくことなんだと思う。こうしてアーカイブしていったのが今号となる。

続けるには忍耐を伴う。痛みや失敗、後悔もつきものだ。それでも諦めずに続けてきた人たちの言葉は、きっとあなたの行き先を示唆してくれるに違いない。

今号は9/9(金)12時にDAWNオンラインショップで発売開始。その後ごく一部の書店・アパレルショップなどで展開予定だ。また、発売日の9/9には原宿SPACE BANKSIA(東京都渋谷区神宮前3丁目20-3 石井ビル1F)にて、1日限りの発売記念即売会を開催する。

Info

媒体名:『DAWN N°2 SUSTINABLE FUTURE』
発売日:2022年9月9日
判型:B5変形
ページ数:204ページ
価格:2,400円(税抜)
オンラインショップURL:https://dawntokyo.buyshop.jp

『DAWN N°2 SUSTINABLE FUTURE』

CONTENTS

それでも考えることをやめない
──クラブコミュニティを超えて性暴力の問題と向き合うには?
illustration : サカイ アキラ
・ケアの範囲──MURVSAKI事件でのMall Boyzの対応から考える
words : DAWN編集部
・支配のダブルパンチ──女性に対する暴力、またその被害者を「黙らせる」構造
words : 藤本一郎
・不祥事を起こしたミュージシャン、その作品に罪はあるのか?
words : 池城美菜子

K/A/T/O MASSACRE
・ファッションも音楽も自分の肌で感じた経験値が物語る
words : Yoshiko Kurata photography : 川谷光平
・吐夢
photography : 川谷光平
・緊急事態宣言以降に開催された印象回
words : Dirty Dirt
・JACKSON kaki Interview
words : 山本輝洋
・浮舌大輔 Interview

ARC'TERYX──How We Survive In The Flat Field
words : Yuji Kozakai Special Thanks : Kaba(bal)、大橋高歩(the Apartment)

ILL-BOSSTINO──積み重ねが生んだ哲学とストイシズムの源泉
words : 吉田大 photography : 二宮慶介

YOU THE ROCK★とダースレイダーの対話──HIPHOPが生き方ならば、それは1人で可能か?
words : 荏開津広 photography : 二宮慶介

宙J FDFANTA汁CHILLSTASKI DEF山田 宙PX 千葉隆史──HIPHOP人間国宝ドキュメンタリー
words : 飯田昭雄 assistant : ZEN-LA-ROCK photography : グレート・ザ・歌舞伎町

OGラッパーの現在地点

words : 小林雅明 illustration : 前田晃伸

Tenkyu
graphic : 葵産業

ラップと仕事
illustration : 沖真秀
・QN──親方ラッパーがつくる新しい国
words : 二木信 photography : 二宮慶介
・仙人掌──Show a Living Flow
words : 二木信 photography : 二宮慶介
・dodoが無邪気に、かつ真摯なまでに行う押韻の実験
words : つやちゃん illustration : PLASTICMAI
・逆月
words : 志人

魅惑の深淵、ガラスパイプの世界
Contemporary Undercover Pipe
words : 二宮慶介 photography : SLOP
LIL FLAME

移動する音楽
・食品まつり──やすらぎランドから見るローカルの風景
words : 大石始 photography : 川谷光平
・ゆるふわギャング──Return to the Beginning
words : 高久大輝 photography : CHANGSU
・Fuji Taito──Lancamento
words : 二宮慶介 photography : 川谷光平
・B.D.──創生するローカルコミュニティ
words & photography : 二宮慶介
・余白という音楽へ
words : 荒井優作

まるで、新しいハード・コア連続体
words : りつこ editorial cooperation : タナカハルカ artwork : 八木弊二郎
・世界を変えるための、ハイパーな言葉のかたち
words : りつこ editorial cooperation : 鈴木みのり
・広告世界に飲み込まれつつ”声”を上げることは可能か──Cyberpunk2077の抱えるシスジェンダー的価値観の問題
words : タナカハルカ editorial cooperation : 鈴木みのり
・ether──非中央集権型コミュニケーションの現在形
words : りつこ editorial cooperation : タナカハルカ photography : Yui Nogiwa、Kinuko Numano、yokoching、sudden star

Don't Believe the Hype──HIPHOPと信仰心
・ギャングスタ・ラップとキリスト教のスピリチュアリティ──キリスト教牧師 山下壮起との対話
words : 二木信  illustration : ZECS
・Itaq 神を殴り返すセッション
words : 二木信  photography : 川谷光平
・小林勝行 宗教で売れたんじゃなく、俺らが売ったんや
words : 二木信  photography : 川谷光平

Loota──ワイドレンズで引いた画を。しかし、ピントは明瞭に。
words : 高橋圭太 photography : UMMMI.

KUUGA論
words : 吉田雅史

未来に抗する社会へ — 幸福な時間、資本主義の「ゾミア」をめざして
words : 藤本一郎

データ作品がカネに変わる、新興技術「NFT」
words : 高岡謙太郎

環境問題アレルギーをそろそろ卒業しようや
words & illustration : フカーツ

JNKMNのお気に入りTweet

Beyond the old memories
words : Sir Y.O.K.O.PoLoGod. (PAYME Archives.)

$hirutaroの部屋

コントリビューター

DAWN N°2 Sustainable Future
ドーン N°2
2022年9月発刊

editor : Keisuke Ninomiya
contributing editor : Ritsuko
art director & design : Keita Ishiguro
design : Takashi Takamori
founder : Keisuke Ninomiya、Kazuma Aki

cover art : しわしわ

2022年9月9日(金)12:OO〜
DAWN N°2 SUSTINABLE FUTURE 発売記念即売会

SPACE BANKSIA
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目20-3 石井ビル1F
https://goo.gl/maps/rcsvN7GGfG15xWa79

エントランス無料

related

EYESCREAMの最新号は10周年を迎えたSUMMIT特集

カルチャーマガジンEYESCREAMの最新号で、今年設立10周年を迎えたヒップホップレーベルSUMMITが巻頭特集でフォーカスされている。

カルチャーを通して現代社会について考えるインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊 | 仙人掌の初の書き下ろし小説も掲載

読書や映画・音楽といったカルチャーを通して現代社会について考えていくインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊した。

カルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』の第3号が発刊 | WILYWNKAが表紙、Jin Dogg、ELLE TERESA、PizzaLove、戦慄かなのもインタビューで登場

タトゥーの彫り師の男性が医師法違反の罪に問われた裁判で最高裁で、画期的な無罪判決が出るなど、タトゥーを巡る状況は変化を迎えそうだ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。