Diaspora skateboardsがAW22 Collection LOOKBOOKを公開

Diaspora skateboardsがAW22 CollectionのLOOKBOOKを公開した。

先日のCreativeDrugStoreとのコラボも話題となったDiaspora Skateboards。今回のコレクションでは、人気のワーデンジャケットや、大胆に切り替えが特徴のフリースジャケット、名盤をオマージュした総柄のクルーネックニットや、ワッフル素材を使用したポロシャツなど、オーセンティックでクリーンながらも、カラーリングやディテールでひねりのあるアイテムを中心にラインナップ。

毎シーズン高い人気を誇るグラフィックアイテムでは、ノスタルジックなカラーリングやモチーフが印象的なアーティストのOGAWA YOHEIや、様々なアーティスト/ブランドにもアートワークを提供するNOISEなど、親交の深いアーティストとのコラボレーションアイテムも展開。また定番で高い人気を誇るロングビルキャップやビーニーをはじめとするアクセサリー類も充実している。

22SSシーズンのアイテムは9/4(日)より、取り扱い各店とオンラインストアで発売される。

related

Diaspora skateboardsがフラッグシップストアを駒沢にオープン | 16FLIP、Jazzy Sport、CarService、MIN-NANOなどとのコラボアイテムを発売

東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsが、初の実店舗となるフラッグシップストア「PURRBS」(パーブス)を11/12(土)に世田谷・駒沢エリアにオープンする。

Diaspora skateboardsとDickiesの初のコラボコレクション | LOOKにはMFSが登場

Diaspora skateboardsがDickiesとの初のコラボコレクションを発表する。

bal、Diaspora skateboardsがUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを発売 | ビデオにはCampanellaも出演

モダンカジュアルウエアとグラフィックを提案するbalと、東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsが、フットボールブランドUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを9/4(日)に発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。