【特集】2022年の注目アーティストに22の質問|Vol.5 JUMADIBA

先日発表したFNMNLの2022年注目アーティスト9組。それぞれの魅力やどのようなルーツを持っているかを紹介する特集コーナーがスタート。2022年にちなんで、22の質問でアーティストを解剖する。回目は、ジャンルレスに音楽を追求し、エネルギッシュなパフォーマンスで注目を集める東京出身のアーティスト・JUMADIBA。

1. 出身地と現在の拠点

東京都出身、東京

2. 生年月日

非公開

3. 音楽を始めたきっかけ

作ることが楽しかったから

4. 今、一番聴いてほしい自身の楽曲とその理由

"Spike!"
自分にしか作れない曲

5. 制作で最もこだわっていること

最近は"テンション"

6. アーティストとしてのマイルール

続けること

7. 制作の主なインスピレーション源

人、街、作品など、生活全て

8. もし誰か1人と自由にコラボレーションできるとしたら、誰に何をして欲しいか

誰かは分からないけど、曲だけじゃなくMVまで一緒に作りたいです

9. これまで活動してきて印象深いエピソード

Lil Soft Tennisが知り合った次の日くらいにラップ入れてやーて感じでトラック送ってきたこと
あとkZmくんが俺のことを"ディバ"呼びした瞬間

10. ほとんどの人が知らないと思う自分の一面

寝るのが好き

11. 最初に好きになったアーティストと楽曲とその出会い方

宇多田ヒカル、"This Is Love"
大友克洋の"FREEDOM"のオープニングで知った

12. 最も影響を受けたアーティストとその理由

ギャラガー兄弟
かっこいいし、子供ながらにわかるーと思った

13. 昨年最も聴いたアーティストや楽曲

slowthai - "push feat. Deb Never"

14. 活動に共感するアーティストとその理由

HEAVEN
今とは違うライフを送っていたとしても、HEAVENの曲は好きで聴いてると思う

15. 音楽以外で最も興味のあることや趣味

ドライブ、サッカー観ること、ピクニック、銭湯

16. 日課にしていること

紅茶を飲む

17. 今、最も欲しいもの

ジャージのセットアップ、PS5

18. 2022年のリリース予定

いくつか出す予定です

19. 理想のアーティスト像

サッカーやってる人とかが当たり前にJUMADIBA聴くみたいな状況

20. もしアーティストになっていなかったら何をしていた

分野の違う職人的なこと

21. 10年後の自身に一言

どこに住んでるか気になる

22. 2022年をどういった1年にしたいか

神経衰弱で3連当てちゃう
みたいな年にしたいです

JUMADIBA

98年生まれ東京出身のJUMADIBA。昨年6月には1stミックステープ『Kusabi』をリリース。9曲中6曲をセルフプロデュース、プロデュース面でもスキルを発揮している同作では、自身のモードを掲示したフロウと世界を眼前に見据えたリリックも話題になった。エネルギッシュなパフォーマンスで、シーンを超えた多数のイベントにも招かれている。

related

Tohji、JUMADIBA、ShioriyBradshawなどが出演するFIFAワールドカップ「日本 vs コスタリカ」戦のパブリックビューイングイベントをBudweiserが開催

FIFAワールドカップのスポンサーであるバドワイザーによるパブリックビューイングイベント『FIFA FANFEST』が日本でも開催される。

「最先端のラップとエレクトロニックミュージックの交差」をテーマにしたパーティー『chronic』に7、Itaq、JUMADIBA、Maphieなどが出演

「最先端のラップとエレクトロニック・ミュージックの交差」をテーマにしたパーティー『chronic』が、下北沢SPREAD初の周年企画の一環として9/9(金)に開催される。

D.R.C.主催のフェス『XROSS CULTURE』に田我流、C.O.S.A.、Campanella、SPARTA、JUMADIBA、hyunis1000などが出演決定

名古屋のヒップホップクルーD.R.C.が主催する複合型フェス『XROSS CULTURE』が8/28(日)に名古屋メイカーズ・ピアで開催される。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。