Daichi Yamamotoが新曲"No Reason"をリリース

4月にはワンマンライブを行うDaichi Yamamotoが、新曲"No Reason"を本日3/18(金)にリリースした。

2021年に企業CMへ提供を行った楽曲から、ビートやリリックの再構築を行った"No Reason"。プロデュースは、Daichi Yamamotoの代表曲をいくつも手掛けるQunimuneが、MIX&マスタリングは、得能直也が担当している。

すでにチケット完売も発表された4月1日(金)東京・LIQUIDROOMに続き、4月17日(日)には恒例となった地元京都・Metroでワンマンライブが行われる予定だ。

Info

楽曲クレジット:

Artist : Daichi Yamamoto, Qunimune
Title : No Reason
Label : Jazzy Sport
Mix & Mastering : Naoya Tokuno
Art Work : Daichi Yamamoto & Yuki Hori  

関連リンク:
Daichi Yamamoto, Qunimune - No Reason
https://linkco.re/De0sqS6U

京都Metro
https://www.metro.ne.jp/schedule/220417/

related

Daichi YamamotoとAaron Choulaiが2018年に発表したジョイントプロジェクト『WINDOW』から仙人掌、GAPPERが参加した"All Day Remix"が7インチでリリース

Daichi Yamamotoとジャズ・ピアニスト、作曲家、ビートメイカーのAaron Choulaiが2018年に発表したジョイント作『WINDOW』から、仙人掌、GAPPERをフィーチャーした"All Day Remix"が7インチでリリースされることになった。

BudaMunkとJansport Jによる『BudaSport』からDaichi Yamamoto、Illa J、Devin Morrisonをフィーチャーした"Spice"が先行リリース

DJ/ビートメイカーのBudaMunkとLAを拠点にソウルフルなビートを軸に自らのプロダクションスタイルを確立しているプロデューサーのJansport Jによるジョイントプロジェクト『BudaSport』から、先行シングル第二弾がリリースされた。

【ライブレポート】Daichi Yamamoto 「gr(l)owing season」 | 成長と目覚め。Daichi Yamamotoの輝かしい季節が到来

Daichi Yamamotoが「gr(l)owing season」と銘打ったワンマンライブを東京・恵比寿 LIQUIDROOMで4/1に開催した。同会場でのワンマンはキャリア初。チケットは早々に完売した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。