【特集】2022年の注目アーティストに22の質問 Vol.1|018

先日発表したFNMNLの2022年注目アーティスト9組。それぞれの魅力やどのようなルーツを持っているかを紹介する特集コーナーがスタート。2022年にちなんで、22の質問でアーティストを解剖する。まず第一回目は東京都出身で17歳からキャリアをスタートさせたラッパーの018が登場。

  1. 出身地と現在の拠点

東京都

2. 生年月日

1998年

3. 音楽を始めたきっかけ

Geek Oki

4.今、一番聴いてほしい自身の楽曲とその理由

"Cold City feat.SEEDA"。 自分のラッパーとしてのルーツであるSEEDA君と初めて制作した作品

5. 制作で最もこだわっていること

1makeでその日に仕上げる

6. アーティストとしてのマイルール

Hoodを大切にする事

7. 制作の主なインスピレーション源

SEEDA、仙人掌、KANDYTOWN

8. もし誰か1人と自由にコラボレーションできるとしたら、誰に何をして欲しいか

仙人掌君からverseを貰いたい

9. これまで活動してきて印象深いエピソード

SEEDA君と楽曲制作出来た事

10. ほとんどの人が知らないと思う自分の一面

最近悪夢にうなされてる

11. 最初に好きになったアーティストと楽曲とその出会い方

先輩の家で聴いたGeekの“Pipe dream”

12. 最も影響を受けたアーティストとその理由

Geekのrealな歌詞に何回も心動かされた

13. 昨年最も聴いたアーティストや楽曲

仙人掌 "STARRY NITE"


14. 活動に共感するアーティスト

Polo G

15. 音楽以外で最も興味のあることや趣味

スポーツ観戦

16. 日課にしていること

smoke

17. 今、最も欲しいもの

名誉

18. 2022年のリリース予定

上半期にSingleを配信

19. 理想のアーティスト像

Lil Wayne

20. もしアーティストになっていなかったら何をしていた

手段選ばずに金の為に生きてた

21. 10年後の自身に一言

頑張って

22. 2022年をどういった一年にしたいか

誰も出来ない事で世間を掻き回す

related

Manhattan Recordingsが新たな才能にスポットを当てるキュレーション企画「RiZing Next」を始動|第1弾として018の“Taboo (Prod. DJ FRIP a.k.a BeatLab)”がリリース

Manhattan Recordingsによる、レーベル独自の目線から新たな才能にスポットを当て発信していくキュレーション企画「RiZing Next」が始動。これからの活躍が期待される国内外アーティストの発掘と、ヒップホップやR&Bを始めとするクラブミュージックシーンの発展を目指し、将来有望なアーティストをサポートしていく試みとなっている。その第1弾リリースとして、SEEDAとの"Cold City"や、MARIAとの"Invisible"等、確実なスキルと多彩なフロウで注目を集める018による最新シングル“Taboo (Prod. DJ FRIP a.k.a BeatLab)”が3月16日(水)にリリースされた。

【特集】FNMNLが2022年に注目するアーティスト9組

FNMNLなりの視点で今年の活動に注目するアーティストを紹介するこの企画。昨年は7組を選出したが、今年は9組のアーティストをピックアップ。続くコロナ禍によりシーン全体のトレンドが見えなくなっていると言われている中だが、ここに選ばれたのは、自身の音楽性を追求しているアーティストたちばかり。今後公開さ...

018がSEEDAをフィーチャーした新曲“Cold City”をリリース

東京を拠点とする018とSEEDAによる新曲“Cold City (feet. SEEDA)”がリリースされた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。