『ラップスタア誕生 2021』でも話題のSkaaiが1stシングル"Period."をリリース

AbemaTVで放送中の『ラップスタア誕生 2021』でも話題となっているラッパーのSkaaiが、1stシングル"Period."をリリースした。

Skaaiはアメリカ合衆国・ヴァージニア州生まれ、大分育ちのアーティスト。マレーシア、シンガポール、カナダでも滞在経験を持つ中で、2020年にSoundCloud上での楽曲リリースを皮切りにラッパーとしての活動を開始した。

1stシングルは新鋭ビートメイカーuinと共にジャズのの要素を重奏的に取り入れたものとなっており、現行のNYのアンダーグラウンドシーンとも通底するサウンドに仕上がっている。

Info

Skaai - Period.

https://linkco.re/Vg2MX2Ue

related

Campanella、SPARTA、Skaaiによる3マンがWALL&WALLで開催

表参道のライブハウスWALL&WALLでCampanella、SPARTA、Skaaiによる3マンライブが12/27(火)に開催される。

SkaaiがDaichi Yamamotoをフィーチャーした”FLOATING EYES"のミュージックビデオを公開 | 『BEANIE TOUR』の東京公演をYouTubeで生配信

SkaaiのEP『BEANIE』からDaichi Yamamotoをフィーチャーした”FLOATING EYES”のミュージックビデオが公開された。

【インタビュー】Skaai × uin 『BEANIE』| オレはこれだけやってるぜ。みんなはどう?

2020年、SoundCloudでの楽曲発表を契機に、『ラップスタア誕生2021』での活躍をステップとし、人気マイクリレー企画『RASEN』への参加や大型ヒップホップフェス『POP YOURS』への出演などまさに破竹の勢いでこの2年間を疾走した新進ラッパー、Skaai。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。