Dr. Martensが世界初となるブランドコンセプトストア「Dr. Martens SHOWROOM TYO」をオープン

Dr. Martensが10/8(金)に東京・表参道に世界初となるブランドコンセプトストア「Dr. Martens SHOWROOM TYO」をオープンした。

様々なサブカルチャーと共に時代を紡いできたDr. Martens。ブランドの象徴ともいえる、1460 8ホールブーツと1461 3ホールシューズは表現者たちのアイコンとして愛され続けている。

SHOWROOM TYOは、「新しい世界を創り出す表現者のための場所」をコンセプトに、様々なカルチャーコンテンツをストアと特設サイトから同時に発信。ギャラリーとしても機能する空間では、アートエキシビションやミュージックイベントなどを定期的に開催する。

Dr. Martens SHOWROOM TYOはユアン・プレイフォードがディレクションを手がけ、M&M Custom Performanceとカウンターや什器、ソファーなどをコラボレーションして制作した。

気になるラインナップは日本ではじめてフルラインが揃う、頂点のコレクション 「MADE IN ENGLAND」を中心に、⻑い歴史の中で生み出されてきた貴重なアーカイブをモダナイズしたコレクション「ARCHIVES」をはじめ、世界中のハイブランドやストリートブランド、アーティストとの感性の融合で生み出される、「COLLABORATION」コレクションを展開する。

オープンを記念してオリーブ&ブラックのツートンカラーが象徴的なスムースレザーとレオパードのヘアオンレザーでアレン ジされた、1461 3 ホールシューズが限定発売される。ゴールドであしらわれたアイレットとハイカーアイレット、TYO を刻んだレースチャームで装飾。バッグストリップには、東京都旗をインスパイアしたロゴが入った特別仕様で登場する。

商品名:1461 DM TYO Olive+Black Smooth 26,400 円(税込)サイズ展開:UK6-10
1461 LEO TYO Medium Leopard Hairon 28,600 円(税込)サイズ展開:UK3-10

ギャラリースペースでは河村康輔がオープニングを記念したアートエキシビションを開催。1460 8ホールブーツに直接コラージュを施した、世界にひとつのアートブーツをメインに、印刷の校正紙である⻘焼きを展示する。

さらにSHOWROOM TYO 特設サイトでは「Dr. Martens JUKEVOX JOINTS」の配信をスタート。高木完を案内役にムーブメントの当事者たちと、いまのカルチ ャーを担う新世代のインタビューを通じて「新たな表現が生まれる場」のヒントを全 8 エピソードで紐解いていく。

Info

Dr. Martens SHOWROOM TYO
2021 年 10 月 8 日(金)グランドオープン
TEL:03-6746-4898 OPEN:12:00-19:00(火曜日・水曜日 定休) 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-2-28 1F
特設サイト:
https://jp.drmartens.com/showroomtyo

Dr. Martens SHOWROOM TYO “KOSUKE KAWAMURA” ART EXHIBITION 会期:10月8日(金)〜 11月7日(日)
時間:12:00 ‒ 19:00(火曜日・水曜日 定休)

Dr. Martens JUKEVOX JOINTS:EPISODE-01
1990 年代に生まれた原宿カルチャー。94 年から 95 年にかけて、このカルチャーの中心を担うブランド やショップが立て続けに産声をあげた。同時に NYC のグラフィティアーティストたちとも呼応し、ひと つのムーブメントを作り上げていく。

出演者:FUTURA(GRAFFITI ARTIST)/ 江川“YOPPI”芳文(Hombre Nino)/ Liu Kosugi(CosplayElectronic.org) デッツ松田(OUTSTANDING)/ TERRY JONES(i-D MAGAZINE 創設者)

CHAPTER-01は 10 月 8 日(金)より公開。(以降、CHAPTER は隔週で順次公開予定。)

related

STÜSSYとDr. Martensによるコラボレーションシューズが発売

STÜSSYとDr. Martensによるコラボレーションシューズが全国のチャプターストアにて12/13(金)より、stussy.jpにて12/14(土)より販売開始される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。