渋谷の自転車専門店W-BASEが16周年記念で16(Sixteen)とのTシャツを発売

BMX・OLD BMXやピストバイクを中心にオリジナルのアパレルなどを扱う、東京・渋谷の自転車専門店W-BASEが16周年を迎え、周年記念プロダクトのひとつとして16(Sixteen)とのオリジナルTシャツを9月25日(土)11時より発売する。

W-BASEは2019年に渋谷・16(Sixteen)にてBROOKLYN MACHINE WORKSアーカイブ展『THE SHOW』を開催している。

このサインボードをモチーフにしたTシャツは、White/Navyは共通カラーとして両ショップでの販売となり、White/L.GreenとBlack/OrangeはW-BASE、Black/Yellowは16(Sixteen)で発売される。

Info

発売日:9/25(土) 11:00より発売開始。

W-BASE:https.w-base.com

東京都渋谷区神宮前6-23-11 J-SIX BLDG 1F,2F

16(Sixteen):https.16shibuya.com

東京都目黒区東山3-18-9 B1F-006

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。