Itaqが架空のバカンスに想いを馳せた新曲"Hotel"をリリース

Itaqが新曲"Hotel"をリリースした。

“Hotel”は5月にリリースされた2nd Album『Savior of Aquarius』以降初となる楽曲。Itaqの新型コロナ罹患によるホテル療養、それと同時期に開催された東京オリンピック、そしてコロナ禍が無ければ存在したかもしれない架空のバカンスに想いを馳せ書き下ろされた新曲となる。

ビートは弱冠15歳のビートメイカーDyke Killed Itが担当。リゾート感をたっぷりと味わわせながらも、それが実在しないことを匂わせる独特の世界観を持った楽曲となっている。

Info

▼Digital Single: Itaq「Hotel」

▼ARTIST : Itaq (イタク)

TITLE : Hotel (ホテル)

LABEL : 委託 Label

RELEASE DATE : 2021年09月10日(金)

FORMAT : DIGITAL(DL/ST)

URLs : https://ultravybe.lnk.to/hotel

収録曲1. Hotel

Track Produced by Dyke Killed It

related

ItaqがビートメイカーKazui Daturaとの共作EP『Kid』から"Grind"のMVを公開

今年5月に2ndアルバム『Savior of Aquarius』、10月に『Why am I here? [Remixes EP]』を発表してきたラッパーItaqが、uyuniとの制作などでも知られ、10月には2曲入りSingle "To Sky”を発表したビートメイカーKazui Daturaとの共作EP『Kid』から、収録曲"Grind"のMVを公開した。

Itaqが2ndアルバム『Savior of Aquarius』から"INITIAL I"のMVを公開

Itaqが5月にリリースした2ndアルバム『Savior of Aquarius』からアルバムの1曲目を飾る"INITIAL I"のMVを公開した。

Itaqが粗悪ビーツとタッグを組んだ新曲“Entrust”をリリース|MVも公開

今年5月に2ndアルバム『Savior of Aquarius』を発表、先日は新曲"Why am I here?"とそのリミックスをまとめた『Why am I here? [Remixes EP]』をリリースしたItaq。そんな彼が粗悪ビーツと、1stアルバム『委託』以来約2年半ぶりとなるタッグでの新曲"Entrust"をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。