Qiezi MaboとソニーCSLが制作したAIアシスト楽曲制作プロジェクト「Flow Machines」による楽曲“Midnight Calling”がリリース

覆面アーティストQiezi MaboがAIアシスト楽曲制作プロジェクト「Flow Machines」とのコラボ楽曲“Midnight Calling”を本日9月8日(水)にリリースした。

ヒップホップシーンで異彩を放ち続けるGiorgio Givvnがプロデュースしている以外、ほぼ全てが謎に包まれているQiezi Mabo。今回Qiezi Maboは音楽においてクリエイターの創造性を拡張することを目指す、研究開発及び社会実装プロジェクトである「Flow Machines」とのコラボレーションで“Midnight Calling”を制作。

ヒップホップやブラックミュージックにおいてサンプリングとは必要不可欠な要素であり、「Flow Machines」のAIが生成したコード、メロディをサンプリングすることでアイディアの再構築に繋がった。「覆面×匿名×AI」という非常に親和性のある組合せによりQiezi Maboの世界観にも沿った楽曲となっている。

また、スマートフォンでイラストを描くアーティストCOIN PARKING DELIVERYが手掛けたジャケットアートワークにも注目。さらにmaxillaのAVOが監督したMVも配信/ストリーミングと同日20時00分に公開された。

楽曲とも非常に強い親和性をもったコンセプチュアルな内容となっている。

Info

Flow Machines feat. Qiezi Mabo

“Midnight Calling”

https://lnk.to/midnightcalling

related

Qiezi MaboがAWAでプレイリストを公開

Qiezi MaboがAWAで自身初のプレイリスト『Go Out Next Time』を公開した。

Qiezi Mabo、Yohji Igarashi、TOSHIKI HAYASHI(%C)がAbemaMixでパフォーマンスを披露 | AWAによるイベント『EDGE』とのコラボ

AWAが不定期で仕掛けるパーティ『EDGE』と、AbemaMixのプログラム『HOMIES』とコラボレーション企画が、5/7(木)のこの後15時から放送される。

Qiezi Maboの1stアルバム『Big Bonus』のオークション形式での販売の全貌が明らかに

1stアルバム『Big Bonus』のリリースを発表したQiezi Mabo。アルバムはオークション限定での販売、しかもわずか合計81 名のみが落札可 能という情報が明かされていたが、その全貌が明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。