アイウェアに極小のスピーカー&ウーファーを搭載したFAUNAオーディオグラスが発売中

厳選された高級素材を使ったファッショングラスに、極小のスピーカー&ウーファーを搭載したアイウェア「Fauna(ファウナ)オーディオグラス」全4種が、公式オンラインストアにて現在発売中だ。

従来のオーディオグラスにはあまり見られなかったフレームとレンズの素材へのこだわりが特徴で、ハイブランドにも引けを取らない高品質な素材を採用しアイウェアに求められるファッション性とレンズ性能を備えながら、更に耳元から音楽が流れるという機能を持ち合わせているという優れもの。サウンドに特許取得の「MEMS 技術」を活用し、ガジェットとしてのオーディオグラスの領域を超え、新しいファッションオーディオグラスとしてアイウェアの概念を再定義した商品となる。

MEMS(マイクロエレクトロメカニカル・システム)スピーカーを組み込むことで、デバイスの小型化・軽量化、音質性能の向上、長時間のバッテリー寿命が可能となった。この軽量・小型化によりFaunaのスタイリッシュなデザインが実現。さらに耳元にはウーファーが搭載され、立体的でダイナミッ クな臨場感あふれるリスニングが体験できる。

また、タッチコントロールが可能となっており、テンプル部分に触れるだけで通話応答や音楽の再生/一時停止、ボリューム調整ほか、あらゆる操作ができる。 耳をふさがないオープンイヤー設計で周囲の音を聞きながら、Bluetoothでスマホやパソコンとも接続可能なため、ランニング、ドライブ、WEB会議などあらゆるシ ーンで活躍する。

さらに、アセテート製なので熱入れ加工が可能。度付きレンズへの交換や、ノーズパッドの調整などはメガネショップで変更可能となっている。

Info

Fauna Japan 公式サイト:https://fauna-japan.com/

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。