WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

今季もWACKO MARIAらしい、音楽、アート、映画に注力したコラボレーション、トピック性の高いハワイアンシャツやダウンジャケットも制作。LOOKにもジャズピアニストのビル・エヴァンスや映画『ハンニバル』とのコラボなども登場している。

2021FW COLLECTIONのデリバリーは9/11(土)にスタート。同日WACKO MARIA ONLINE STOREでも発売を開始する。

related

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開した。 本コレクションは、「着たまま行動し続ける快適性」を実現する防水通気素材「PERTEX® SHIELDAIR」や、 耐久性としなやかさを持ち、着心地が軽やかで体の動きになじむ「GORE-TEX products」の 3層...

Tokyo Young VisionがUNDEFEATED JPN LineのLOOKに登場

昨シーズンよりスタートした UNDEFEATED JAPAN 監修によるオリジナルプロダクUNDEFEATED JPN Lineより、2021年の新作が登場。

WACKO MARIAとWOLF’S HEADのコラボでアロハシャツなどが登場

WACKO MARIAが継続的にコラボレーションを行なっているWOLF’S HEADとのアイテムが今季も登場した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。