WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

今季もWACKO MARIAらしい、音楽、アート、映画に注力したコラボレーション、トピック性の高いハワイアンシャツやダウンジャケットも制作。LOOKにもジャズピアニストのビル・エヴァンスや映画『ハンニバル』とのコラボなども登場している。

2021FW COLLECTIONのデリバリーは9/11(土)にスタート。同日WACKO MARIA ONLINE STOREでも発売を開始する。

related

WACKO MARIAが窪塚洋介主演の映画『凶気の桜』とコラボレーション

WACKO MARIAが、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーションアイテムを 1月 3日(土) より発売する。 原作はヒキタクニオ、監督に薗田賢次、主演に窪塚洋介を迎え、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーション。窪塚洋介が初めて企画段階から映画製作に参加し...

UNIONがBAPE®とコラボレーション

UNIONが30周年を記念したコラボレーションの一環で、BAPE®とのコラボレーションを発表した。 UNION 現オーナーであるChris Gibbsがバイヤーを務めていたNY時代より、ディールを行っていた東京・原宿を代表するファッションブランドA BATHING APE®とのカプセ...

BAPE®️と空山基のコラボ第2弾が登場

2021年7月の第1弾のコレクションに続き、BAPE®️ × HAJIME SORAYAMAの第2弾が発売となる。 今回のコレクションでは、ウェアやアクセサリーが豊富にラインアップ。ニットキャップなどのファッショングッズから、空山基のメタリックアートのロボットからインスパイアされた新しいデザ...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。