韓国の注目ブランドSOUND SHOP balansaと岡山のブランドORDINARY FITSのコラボアイテムが発売

韓国・釜山を拠点に2008年にオープンしたセレクトショップSOUND SHOP balansa。balansaはbalanceにインスピレーションを受けて決めた名前で、 様々な 斑(趣味)を混ぜてバランスをとっていくという意味で、USのヴィンテージアイテムやレコードなどを扱いつつも、様々なカルチャーを取り込んだショップオリジナルアイテムも人気だ。

そんなSOUND SHOP balansaと岡山のブランドORDINARY FITSによるコラボアイテムが発売される。

今回のコラボアイテムはORDINARY FITSの自社工場で生産された定番のNEW FARMERS 5P DENIMをベースに、BALANSAのディレクターJeehon Kimが好きだったミツバチをBALANSAのB(bee)にかけてミツバチとBをモチーフにした花の刺繍を随所に施したスペシャルなアイテム。韓国では、ミツバチが出る夢は縁起がいいとされていることもあり今回のデニムを製作することになった。

HONEYBEE DENIM PANTS カラー: IND / USED サイズ:28,30, 32, 34 価格: IND ¥29,480 / USED ¥31,680
SSB×OF S/S TEE カラー: OFF×NVY / OFF×BLK サイズ:M , L , XL
価格: ¥6,600

日本ではBALANSAのクラシックロゴプリントティー、キャップ、エアポッズケースも展開、韓国 ではデニムパンツのみを展開する。お互いのカルチャーを尊重しあったこのコラボアイテムは8/27(金)12:00からBALANSA, ORDINARY FITSの各ショップとオンラインサイトのみで限定発売となる。

Info

SSB×OF AIR PODS CASE 価格: ¥2,178

SSB×OF AIR PODS PRO CASE 価格: ¥2,420

SSB×OF RIPSTOP NYLON CAP カラー: NVY×OFF / NVY×YEL 価格: ¥7,150

*全て税込み価格となります。 (デニムジャケットの販売はございません。)

・STORE
ORDINARY FITS Atelier Shop OSAKA @ordinaryfits_osaka 大阪府大阪市北区豊崎3-5-3
TEL 06-6136-5225

ORDINARY FITS Atelier Shop KYOTO @ordinaryfits_kyoto 京都府京都市中京区御幸町通六角下る伊勢屋町355TEL 075-366-4720

・WEB https://online.bottles.space/ http://balansa.co.kr/ (韓国から直接発送可能)

related

韓国のブランドSOUND SHOP balansaとCampaign TrademarkのポップアップストアがEaZY MaZE Galleryにて開催

韓国のセレクトショップ、ブランドのSOUND SHOP balansaが、同じく韓国のグラフィックアーティストのOKEHが展開するブランドCampaign Trademarkとのコラボレーションアイテム発売を記念し、関わりの深い16(Sixteen)のサポートのもと、同じ建物内にあるギャラリースペースEaZY MaZE Galleryにてポップアップストアを一週間開催する。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

韓国・釜山の注目ショップ『SOUND SHOP balansa』が渋谷でPOP UPを開催

韓国・釜山で店を構えるSOUND SHOP balansaは、日頃より古着やレコードをディグることを習慣としているオーナーのキム・ジフンが選りすぐったレコードやヴィンテージを扱うショップ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。