PEAVISがRin音とのコラボシングル “Last Dance feat. Rin音”をリリース

福岡のラッパーPEAVISがRin音との待望のコラボ楽曲“Last Dance feat. Rin音 ”を本日リリースした。

トラックを手掛けたのはPEAVISの楽曲プロデュースでお馴染みのNARISK。共に福岡出身のラッパーであるPEAVISとRin音によるメロウかつリズムカルなラップが交わり、季節の終わりと地元への想いをテーマにした楽曲。

サビ中の「終わりが来る事も、今は忘れてただ踊ろう」という歌詞の通り、たとえ明日世界が終わったとしても、音楽と共に生きていくという二人の切実な気持ちが込められている。

なお、近日中にMVも公開される予定とのこと。

Info

PEAVIS「Last Dance feat. Rin音」

視聴:https://nex-tone.link/A00090088

[Credit]

Lyrics by PEAVIS, Rin音

Produced by NARISK

Mixed by TAKEYOUNG (STS studio)

Mastered by ENA

Label:Peace Tree

Distribution:NexTone

related

福岡で開催されるライブイベント『PEAK』の第二弾にどんぐりず、lee (asano+ryuhei)、PEAVIS、Skaaiが出演

「もっと知りたい!会いたい!交わりたい!」をコンセプトにSPACE SHOWER FUKUOKAが主催するイベント『PEAK』の第二弾が、2/13(日)に福岡・grafで開催される。

PEAVISが黒田卓也とShin Sakiuraを迎えた“ガラスの地球 Rework”をリリース|手塚治虫記念館で撮影されたMVも公開

福岡のラッパーPEAVISが手塚治虫の著書『ガラスの地球を救え: 二十一世紀の君たちへ』にインスパイアされ制作した楽曲“ガラスの地球”のReworkをリリースした。

PEAVISが2ndアルバム『PORTRA¥AL』のアナログ盤をリリース|アートユニットHITOTZUKIとコラボしたアパレルも同時展開

福岡拠点のラッパーPEAVISが1月に発表した2ndアルバム『PORTRA¥AL』のアナログ盤が本日リリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。