KOJOEがNY時代に制作した未発表ビートアルバム『Queens Bound』をリリース

KOJOEがビートテープアルバム『Queens Bound』を本日リリースした。

ディガーの間で話題を呼ぶKOJOEによるビートテープアルバム。今作『Queens Bound』はタイトルの通り、ヒップホップのメッカであるクイーンズにインスピレーションを受け、NYで活動していた2000年〜2009年頃にKOJOE自身がMPCで制作した未発表のビートをコンパイルした作品となっている。

1曲目には本作唯一のボーカル曲で新曲“Welcome to Queens”も収録。KOJOEは2007年にNYの名門インディペンデントレーベルRAWKUSとも契約した経歴を持っており、彼にしか生み出せないKOJOE流ブーンバップサウンドを十二分に感じられる一作に仕上がっている。

Info

『Queens Bound』配信リンク:
https://linkco.re/EBeBuuEX

<トラックリスト>
01.Welcome to Queens
02.Francis Lewis
03.Hollis
04.Ambush
05.Strapped
06.Turn me on
07.Under the covers
08.Hillside Fly
09.Sunday Prayer
10.Love
11.Far Rock
12.Kiss
13.Spazz
14.Gutta Theme
15.Sprung the fuck out
16.BangBang
17.Fallin
18.Get Famous Original
19.Ride Home
20.Someday
21.Last Chance
22.Lil Compton
23.Throgs Necks
24.Don't Look Back

related

KojoeとNARISKによる新曲"GOLD"がリリース | ウィルチェアーラグビー日本代表の応援ソング

KojoeとビートメイカーのNARISKによるコラボ曲"GOLD"が、本日7/23(金)にリリースされた。

ISSUGIと仙人掌がKOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”をリリース

ISSUGIと仙人掌 が、KOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”を本日リリースした。

Kojoeが3年ぶりのニューアルバム『HALF TIME』を5月にリリース | ISSUGI、BUPPON、MFSなどが参加

楽曲以外にもユニークな活動で注目されているKojoeが、約3年ぶりとなる最新アルバム『HALF TIME』を5/19(水)にリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。