RYU OKUBOらによるインディーゲームスタジオCREATOR GOOSYが設立

アーティストのRYU OKUBOとデザイナーのRYOSUKE SUGIMOTOによるインディーゲームスタジオ CREATOR GOOSY が設立された。

イラストレーションとアニメーション表現を軸に活動するOKUBOと、モーショングラフィックスやCGを得意とするSUGIMOTOは、近年、新たな表現の可能性を広げるためにゲームの制作に取り組んでいる。

ゲーム制作はOKUBOとSUGIMOTOにとって初の取り組みとなるが、約2年間をかけてアート作品としてのゲームを追求してきた。OKUBOはスタジオの設立にあたり、次のように語っている。

「僕は数年前に海外のインディーゲームと出会い、とても衝撃を受けました。それらはゲームというものが、自己表現が可能なアートであることを教えてくれました。CREATOR GOOSYは、「ゲーム」を今まで自分が培ってきたイラストーション、ミュージックビデオ、アートの文脈の延長線上にあるものとして捉えながら活動をしていきます。」

また今回、スタジオの第一作となる『God’s Hand』の今夏リリースに先駆けアナウンストレイラーが公開された。詳細は8月末に公開予定となっている。

Info

CREATOR GOOSY: https://creator-goosy.com/
Instagram: https://www.instagram.com/creator_goosy/

CREATOR GOOSY|クリエイターグーシー
アーティストのRYU OKUBO、デザイナーのRYOSUKE SUGIMOTOの2人を中心に、少人数でコンセプチュアルなアートゲームを制作する日本拠点のインディーゲームスタジオ。2021年に設立。今夏に第一作となる"God's Hand"をリリース予定。

RYU OKUBO|オオクボリュウ: https://ryu-okubo.art
RYOSUKE SUGIMOTO|スギモトリョウスケ: https://bpm60.tokyo/

related

CALM & PUNK GALLERYが所有・保管しているアート作品を公開する初の展覧会を開催

東京・西麻布のCALM & PUNK GALLERYが所有・保管しているアート作品を公開する初の展覧会を12/14(土)から8日間開催する。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Ryu Okubo

今回は、イラストレーションとアニメーションを主な表現とし、ミュージックビデオ、雑誌や広告、アパレル、内装などを手がけるアーティストのRyu Okubo。

【対談】dodo × Ryu Okubo|ラブに生きる

今年アルバム『importance』をリリースし、新曲”nothin”も話題となっているdodoと、国内外のアーティストのミュージックビデオやブランドなどのデザインを手がけるRyu OkuboのコラボレーションTシャツが本日からFNMNL STOREでの受注販売をスタート。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。