ceroの荒内佑が初のソロ作『Śisei』を来月リリース

ceroの荒内佑が初のソロ作品『Śisei』を、8/25(水)にリリースする。

今作は絵画やインスタレーション作品などから得た着想を元に、弦楽、木管、サンプリングなど、様々なテクスチャーを折り重ね構築した10曲を収録。

共同プロデューサー/ ベースに千葉広樹、ドラムに渡健人、ストリングスに関口将史、田島華乃、須原杏、松本有里、ホーンに大石俊太郎、ビブラフォンに角銅真実、6曲のボーカル曲にはJulia Shortreed、NYを拠点に活動するシンガー・ソングライター/トロンボーン奏者Corey Kingが歌唱・歌詞で参加と多彩なゲストを迎え制作された。アルバムのアートワークは坂脇慶が担当、柳智之による描き下ろしのイラストを使用している。

リリースを記念した公演も開催決定。9/22(水)に東京 渋谷CLUB QUATTROにて開催される。チケットのオフィシャル先行予約の受付も本日よりスタートした。

Info

arauchi yu

1st Album「Śisei」

2021年8月25日発売

通常盤[CD] 2,500円(税別) DDCK-1072

KAKUBARHYTHM

全10曲収録

Track listing

1. Two Shadows 

2. Arashi no mae ni tori wa

3. Petrichor

4. Whirlpool

5. Lovers

6. Clouds

7. Understory

8. Protector

9. Śisei (of Taipei 1986)

10. Summerwind and Smoke

※アルバムタイトル、M9 曲タイトル Śisei はアキュートアクセント符号付きのSが正式表記

TOUR INFO

arauchi yu

Śisei発売公演

9月22日(水) 東京 渋谷CLUB QUATTRO

OPEN 18:00 / START 19:00 

TICKET ¥4,000(D代別)

問) HOT STUFF PROMOTION :03-5720-9999

企画: カクバリズム.

制作: HOT STUFF PROMOTION

総合問い合わせ:  HOT STUFF PROMOTION :03-5720-9999(https://red-hot.ne.jp/

TICKET INFO

オフィシャルHPチケット先行

受付URL:https://kakubarhythm.com/  https://cero-web.jp/

受付日程:7/7(水)18:00〜7/13(火) 23:59

枚数制限:先行4枚まで         

チケット一般発売日 7/24(土) 10:00~

■チケットぴあ(P:200-589)・ローソン(L:70980) ・e+ (一般用URL:https://eplus.jp/arauchiyu/)※小学生以下チケット無料(要保護者同伴/保護者1名につきこども1名まで)

related

ceroのワンマンライブ『Traffic 2021 -mu-banchi-』の振替公演のチケット再発売日が決定

ceroが8月に開催予定だった『Traffic 2021 -mu-banchi』の、11/1(月)に開催される振替公演のチケットの再販売が決定した。

ceroとVIDEOTAPEMUSICのライブ映像が期間限定で公開

8/6(金)に『VIDEOTAPEMUSIC One Man Show “アマルコルド”』を日本橋三井ホールにて開催予定だったVIDEOTAPEMUSICと、8/9(月)に『cero one-man Live “Traffic 2021 -mu-banchi-“』をUSEN STUDIO COASTにて開催予定だったcero。残念ながら公演が延期となってしまったこの2組によるライブ映像が、昨日よりカクバリズムYouTubeチャンネルにて期間限定で公開となっている。

ceroが待望の新曲"Nemesis"を緊急リリース

ceroが待望の新曲"Nemesis"を、明日8/6(金)に緊急リリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。