VMO主催のイベント『世紀末 東京編』がWALL&WALLにて開催|TYOSiN率いるHelp Me Plyz等が出演

ポストレイヴシーンの旗手Gabber EleganzaのレーベルNEVER SLEEPからのリリースで世界中から注目を集める大阪のユニットVMOが主催する人気パーティー『世紀末』が、『世紀末 東京編』と銘打たれ7/22(木・祝)にWALL&WALLにて開催される。

今回は国内エモラップの筆頭TYOSiNが新たに結成したトラップメタル、ラウドロックバンドHelp Me Plyz、さらにparadis3(Supreme)、VLONE、AWGEなどにもイラストを提供、adidasやNEIGHBORHOODなどとコラボ、アニメ『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』の制作も決定しているクリエイターJun InagawaがDJで登場する。さらなる追加アクトも予定されている。

常識を吹き飛ばす強烈なこの企画に、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

Info

世紀末 東京編
7月22日 (木・祝)
at 表参道WALL&WALL
17:30 open/start

出演者:
VMO
Help Me Plyz
Jun Inagawa
and more

前売り ¥3,000(ドリンク代別途)

前売り予約受付フォーム:
https://forms.gle/P7ZwdD6yD2JQLoRZ7

WALL&WALLイベント詳細ページ:
http://wallwall.tokyo/schedule/20210722seikimatsu/

related

【インタビュー】TYOSiN(Help Me Plyz)|第二のストーリーを表現する

国内のトラップ/エモラップの愛好者であれば知らぬ者はいないであろうラッパー・TYOSiN。KiD NATHAN時代から築きあげてきた強固なファンベースに吹いた新たな風は、彼をボーカルに据えたバンドの結成によってもたらされた。 ギターにfulusu/XANYのギタリスト兼コンポーザーのJoseph Genを、ドラムに同じくXANYで活動するShaun Pxllyを、ベースにfulusuの佐藤旬介を、そしてDJにはビートメイカーとしても知られるATSUKIを迎えて走り出したバンドHelp Me Plyzが去る3月に待望の1stアルバムをリリース。

TYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが先日リリースの1stアルバムから“New Balance”のMVを公開

TYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが、先日リリースしたセルフタイトルアルバムからのリード曲“New Balance”のMVを公開した。

TYOSiNが中心となり結成されたバンドHelp Me Plyzがセルフタイトルの1stアルバムをリリース

ラッパー、シンガーのTYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが、セルフタイトルの1stアルバムを3月17日にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。