Marfa by Kazuhiko FujitaによるPOP UPが開催 | SPARTA、『Erection』、Diaspora Skateboards、Nozle Graphicsなどと日替わりでコラボレーション

アーティストであるKazuhiko Fujitaがシルクスクリーンを駆使し、インディペンデントで独自な動きを展開するプライベートブランドMarfa by Kazuhiko Fujita。渋谷の不眠遊戯ライオンで、6/29(火)からコラボレーションプリントポップアップストアを開催する。

POP UPでは曜日ごとにセレクトショップやパーティ、アーティスト、雑誌社、ミュージシャン、ブランドとのコラボとなり、毎日違うデザインをKazuhiko Fujita自身がプリントするシルクスクリーンプリントワークショップやポップアップ限定のスペシャルアイテムの販売を行う。

コラボレーションではApple Butter Store、『Erection』、Nozle Graphics、Dawn Magazine、SPARTA、Diaspora Skateboardsがラインナップされている。会期中の店内BGMはshakkeとKazuhiko Fujitaが担当。

『Erection』にはゲストDJにokadada、OG from Militant B、shakke。SPARTAには本人による新作『兆し』のショットライブに加え、ゲストDJにKM、VaVa、shakke、ゲストライブにanddy toy store。Diaspora SkateboardsにはゲストDJに16FLIPがラインナップしイベントも開催される。

Info

Marfa by Kazuhiko Fujita Presents 「AND FRIENDS」POP UP STORE 

場所: 不眠遊戯ライオン

東京都渋谷区神宮前6丁目19-17 GEMS神宮前 7階

日時: 2021年6月29日(火曜)〜7月4日(日曜) 13:00〜20:00

 (30日、3日、4日に関しては20:00からパーティも同時開催)

29日(火曜) Apple Butter Store 13:00〜20:00

30日(水曜) Erection 13:00〜20:00

20:00〜「Erection」

Guest DJ okadada、OG Militant B、shakke

Door: 1500yen/1D

1日(木曜) Nozle Graphics 13:00〜20:00

2日(金曜) Dawn Magazine 13:00〜20:00

3日(土曜) SPARTA 13:00〜20:00

20:00〜「SPARTA 3rd Album 「兆し」Release Shot Live」

Guest DJ KM、VaVa、shakke Guest Live anddy toy store

Door: 1500yen

4日(日曜) Diaspora Skateboards 13:00〜20:00

20:00〜「Banri Kobayashi VS Kazuhiko Fujita」

Guest DJ 16FLIP

Door: 1500yen

related

今週末に開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』のタイムテーブルが発表

横浜赤レンガ倉庫を舞台に今週末6/4(土)、6/5(日)に入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』のタイムテーブルが解禁となった。

赤レンガ倉庫で入場無料で開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』にどんぐりず、doooo、FNCY、JJJ、 KM、Lil’Leise But Gold、MONJU、SPARTA、STUTS、tofubeatsなどが出演

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫にて入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」のミュージックライブの全アーティストが解禁となった。

Diaspora skateboardsとCarServiceのPOP UPがAPPLE BUTTER STOREで開催

東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsと、カーカルチャーとファッションの融合を掲げ、自動車を取り 巻く様々な文化からインスピレーションを受けたアイテムを提案するプロダクトレーベルCarServiceのコラボPOP UPが今週末開催される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。