シンガーソングライター、プロデューサーのzzzがnomaをフィーチャーした新曲“Axl”をリリース|MVも公開

DIYな活動を続け、自身の楽曲制作の他にプロデュース、CM楽曲の制作などでも活躍するSSW/プロデューサーのzzzが、夜猫族のnomaをフィーチャーした新曲“Axl”をリリースした。

イベントで共演することもあった2人が、半年の制作期間を経てリリースした“Axl”。トラックは共作が決まったその日に完成し、リリックはそこから何度も納得が行くまで突き詰められたとのこと。混沌とした世の中を突き進む想いが込められた作品となっている。

また、リリースと同時にミュージックビデオも公開。監督はSHIMUが担当し、撮影にはKohei Igarashiが参加している。

Info

zzz feat.noma 「Axl」

Streaming & Download https://big-up.style/S2PpevUfvL

related

nomaが主体となったコンピレーションEP『Manicity』がリリース | XakiMicheleやBonbero、Tade Dust、Jimmy Johnsなどが参加

『ラップスタア誕生』への出演で話題となったnomaが主体となったコンピレーションEP『Manicity』がリリースとなった。

noma、Jimmy Johns、Tade Dustによるコラボ曲“First Penguins”がリリース|MVも公開

ABEMAのラッパー発掘オーディションプロジェクト『ラップスタア誕生』で注目されたnomaが、自身が所属するクルー夜猫族のTade Dust、東京ベイエリアから現れたTokyo InvadersのJimmy Johnsとともに、シングル“First Penguins”を本日11/4に配信リリースした。

60 Seconds by 細倉真弓 | Vol.7 noma

細倉真弓は写真家としてセクシュアリティとジェンダーをベースに人種や国籍、人と動物や機械、有機物と無機物など「かつて当たり前であったはず」の境界を再編する作品を制作してきた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。