中村佳穂が細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』に主演声優で出演 | 物語の軸となる劇中歌も担当

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』に、本日久しぶりの新曲"アイミル"をリリースした中村佳穂が、主人公のすず/ベル役で出演すると発表された。

『竜とそばかすの姫』は、かつて『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインに迎えた作品。母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、「もうひとつの現実」と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語だ。

かつてないスケールの物語を実現させるため、スタッフキャストチームには、役者、音楽、デザイン、アニメーション、CGなど各ジャンルから多様性溢れる才能が集った。

中村佳穂が演じる主人公のすずは、高知の自然豊かな村で生まれ育つ、歌うことが大好きな少女。幼い頃、母親を事故で亡くしてから現実世界に心を閉ざし大好きだった歌を歌えなくなるという人物。すずが「U」で成り切るのが並外れた歌声と大胆不敵な美貌で注目されるベルだ。

©2021 スタジオ地図

以前から中村佳穂の楽曲"そのいのち"(『AINOU』収録)に心打たれ数年前にライブにも足を運ぶなど親交のあった細田監督。監督自らが「すずを見つけ出す」と意気込んで開催された本作品のオーディションで、監督を始めその場にいた誰しもが息をのんだ中村佳穂の歌声と存在感に魅了され、「彼女こそすずだ!」と大絶賛され出演が決定した。中村佳穂は物語の軸となる劇中歌も担当する。

また、すずの同級生役を成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りらが、そしてベルが「U」で出会う個性豊かなキャラクターに森川智之、津田健次郎、小山芙美、宮野真守と超豪華声優陣が出演。さらに主人公すずを見守る合唱隊メンバーに森山良子、清水ミチコ、岩崎良美、中尾幸世、坂本冬美、父親役に役所広司が発表されている。

Info

■竜とそばかすの姫

細田守監督最新作

2021年7月16日(金)全国東宝系にて公開

出演:中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら他

映画公式HP:ryu-to-sobakasu-no-hime.jp

related

ジム・ジャームッシュ監督初の大規模特集上映『JIM JARMUSCH Retrospective 2021』が7月に開催

ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模な特集上映『 JIM JARMUSCH Retrospective 2021』が、2021年7月2日(金)から22日(木)の3週間限定で新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺の4館にて開催されることが決定した。

中村佳穂が長らく音源化が待たれていた"アイミル"をリリース

本日6/2(水)に昨年2月以来16ヶ月ぶりに東京・LINE CUBE SHIBUYA でライブを行う中村佳穂。2020年の配信ライブで披露して以来長らく音源化が望まれていた"アイミル"をリリースし、リリックビデオを公開した。

『Style Wars』 の続編『Style Wars:Re-Visited』が一日限定公開

FNMNLでも取り上げている映画『Style Wars』の続編で、2003年に撮影された『Style Wars:Re-Visited』が渋谷ホワイトシネクイントで4/25(日)に1日限定同時上映される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。