ASA WuがKM全面プロデュースのシングル第二弾“MO-MO”をリリース

日本語、中国語、英語を操り、独自の歌唱スタイルと表現力を持つシンガーASA Wu。デビュー曲“Bloomer”も大きな注目を集めた彼女の第2弾シングル“MO-MO”がリリースされた。

前作に続いてKMがプロデュースを手掛ける“MO-MO”は、グランジなR&Bナンバー“Bloomer”から一転した扇情的なエレクトロニックダンスチューン。漆黒のダンスフロアから湧き上がるようなシンセベースとカントリー調のギターが印象的なエレクトロトラックを奔放に乗りこなすASA Wuのスキルが映える楽曲となっている。

9割以上が英語詞のリリックの中で用いられる日本語の「欲きたね(よくきたね)」「股きてね(またきてね)」など、独特の言語感覚も印象的。国籍や言語といったくびきを溶解させるASA Wuのグローバルなポテンシャルと、エキセントリックなキャラクターが発揮された破壊力のある一曲に仕上がっている。

ジャケット、アーティスト写真など、アートディレクションは前作に続いてOWNCEAN(UNA+MATCHA)が手がけている。

Info

ASA Wu 2nd Single “MO-MO"

2021.6.2 On Sale

Lyrics:ASA Wu / Prod.:KM

Download & Streamhttps://asawu.lnk.to/MOMO

RELATED

KMとTJOによる新ユニットSloppy DiskがEP『So Sloppy Vol.1』をリリース

トッププロデューサーのKMと人気DJのTJOが新ユニットSloppy Diskとして初のEP『So Sloppy vol.1』を本日11/1(水)にリリースした。

【インタビュー】(sic)boy × KM 『HOLLOW』 | 常に実験中

K-POPの躍進を感じる今日この頃。10年来のファンとしては嬉しさを感じつつ、同時に日本の音楽もどんどん世界に届いたらもっと嬉しいな、とも考えてしまう。そんな時、(sic)boy&KMのメジャー1stアルバム『HOLLOW』を聴いた。

LEXの初期の代表曲”95 Project”をKMがリアレンジ

LEXの初期代表曲の”95 Project”を、KMがリアレンジした楽曲が本日7/12(水)にリリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。