ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

gallery communeではノイズ作品シリーズで構成された2020年11月の『砂嵐』以来となる2度目の展示では、メインテーマであるバグ作品シリーズが披露される。

ファミコンのバグった映像を初めて見た時、私にはそれが完成された絵画のように見えました。それをそのままキャンバスに写せばどうなるのだろう?好奇心と共に写し終えたそれは、ただ平凡で単調な絵でした。失敗したそれを塗り潰そうと白い絵具の塊を画面に置いた時、画面全体の印象が少しだけ変わりました。その変化は自分の意図していないもので、良いか悪いかもわかりません。しかし私は、直感的に完成の判断を下しました。

なぜその作品が生まれたのか、完成の判断をしたのか?自問自答を繰り返しながら制作を続ける中で、様々な工夫を加えた作品が生まれました。画面の上下を反転させたり、生乾きの絵具をかき回したり、関係のない画面を二つ繋げて一枚の絵画にしたり。制作途中に地震が起こり、その時点で完成とした作品もありました。全ての作品に共通する事は、キャンバスに写し終えた画面を、バグが起きた瞬間のようにあらかじめ予定されていないものへと変化させていることです。

そのようにして出来上がった作品はまだ、自分の意図した行為の先にある必然性のない現象が反映された”わからないもの”です。その後私は、描き終えたその絵を何度も何度も見返します。絵を壁に掛け、生活の中で長い時間見続けます。そしてその作品がわかった時、完成の判断を下すのです。今こうして文章を書いている最中も視界には絵があり、意識の片隅で向き合い続けています。
岡田舜

バグ映像をファミコンからキャンバスへ投影し、その図像を絵筆でなぞるという途方もない制作期間と紆余曲折を経て完成する彼の作品は、理解できないことへの探究心、突き進んだ先での混乱や葛藤など、様々な情報(感情)が内包されている。それにより独特の力強さと高揚感を作品を直接観ることで体感できるだろう。

Info

岡田 舜 展 『under/stand』
Shun Okada exhibition “under/stand”

2021年5月28日(金) - 6月16日(水)
open: Weekdays 14:00 - 18:00 | Sat&Sun&Holidays 13:00 - 18:00 closed: Thu

会場: gallery commune 東京都渋谷区西原1-18-7 instagram: @ccommunee www.ccommunee.com

related

BALENCIAGAやArca、KOHHとのコラボレーションでも知られる造形作家の池内啓人による過去最大規模の個展が開催

東京・原宿のギャラリーSAIで造形作家の池内啓人による過去最大規模の個展が1/8(土)から開催される。

型破りなアートショー『MAZEUM』が12月に開催 | 河村康輔、KILLER-BONG、TENTENKO、伊東篤宏などが参加

型破りなアートと音楽の迷宮『MAZEUM』が東京ドイツ文化センターに年末の3日間だけ出現する。

展覧会『Mickey Mouse Now and Future』がPARCO MUSEUM TOKYOで開催

渋谷PARCO 4FのPARCO MUSEUM TOKYOで、11/19(金)から『Mickey Mouse Now and Future』展が開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。