LEVI'Sがデニムの誕生日を祝した企画をスタート | 5lack、SIRUP、LEX、MANON、Grace Aimiなどが私物の501を出品するチャリティーオークションも

LEVI'S®はデニムの誕生日である5/20(木)を「501® DAY」として、毎年祝っているが、148年目の誕生日を迎える今年も様々なバースデープログラムを開催する。

これまでに「Denim Diary #育てるデニム」、スペシャルオンラインライブなどの開催が発表されてきた今年の「501® DAY」。今回新たに501®チャリティーフリーマーケット『501® for Good』も開催が発表。

出品者はMURO、SIRUPや5lack、LEX、MANON、Grace Aimiなどのミュージシャンや、アーティストの花井祐介、ベルベルジンの藤原裕、格闘家の宇野薫にファッションの第一線で活躍するスタイリストなどのリーバイスラヴァー15名がラインナップ。

この企画はオンラインで行われるチャリティーフリーマーケットで、収益は全て日本赤十字社に寄付される。販売用の特設サイトは5/20にオープンする。

Info

■オンラインチャリティーフリーマーケット『501® for Good』 日時: 2021年5月20日(木)
参加者:
5lack @5lack6

Grace Aimi @graceaimiofficial

LEX @lex_zx_lex_0
MANON @je_suis_manon2

MURO @dj_muro

SIRUP @sirup_insta
YAGI EXHIBITION @yagi_exhibition 

宇野 薫 @caoluno
大貫達正 @tassei_onuki
木村 真 @kimura_makoto
下津光史 @shimotsukoji
百々千晴 @dodo_chiharu
長谷川昭雄 @stylistakiohasegawa 花井祐介 @hanaiyusuke
藤原 裕 @yuttan1977
※五十音順

内容: リーバイス®ラヴァーによる 501®チャリティーフリーマーケット。 穿かなくなったジーンズを、次の持ち主に。売り上げはチャリティーへ。

販売サイト: https://www.levi.jp/2021ss_501forgood.html ※5/20 にオープン予定

リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社/ LEVI STRAUSS JAPAN K.K.

Tel 0120-099-501 / URL: levi.jp 

related

KMが2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』をリリース| Daichi Yamamoto、(sic)boy、LEX、JJJ & Campanella、SPARTAなどが参加した上半期の重要作

上半期だけでも多くのヒット曲を輩出し、自身のスタイルを追求するプロデューサーのKMが、2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』を本日6/9(水)にリリースした。

Levi’s Vintage ClothingとClarks Originalsがパートナーシップを組みシューズをリリース

Levi’s Vintage ClothingとClarks Originalsがパートナーシップを組み、3つのエクスクルーシブなシューズを6月11日(金)に発売する。  Levi’s(R) Vintage Clothing x Clarks(R) Originals Wallab...

日本のラッパー14名を捉えたAtsuko Tanakaによる写真集『SHOSHINSHOMEI -正真正銘-』が発売 | JP THE WAVY、LEX、WILYWNKA、¥ellow Bucks、Leon Fanourakisなどが登場

90年代からアメリカを拠点にヒップホップアーティストをはじめ、レオナルド・ディカプリオ、オノ・ヨーコなども撮影してきたフォトグラファーのAtsuko Tanaka。現在は東京をベースに活動する彼女が、キャリア30年にして初のソロ写真集『SHOSHINSHOMEI -正真正銘-』が、6/30(水)に発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。