OMSBが新作EP『MONKEY』を来週リリース

今年はPUNPEEとの"Life Goes On ~あんじょうやっとります。~ feat. OMSB"や、VaVa、Yo-Seaとともに制作した "Triforce feat. Yo-Sea, OMSB"でも改めて存在感を示したOMSBが、待望の新作EP『MONKEY』を5月7日(金)にリリースする。

SIMI LABとしての活動や、ソロでは2012年に1stソロアルバム『Mr. "All Bad" Jordan』、2015年には2nd ソロアルバム『Think Good』をリリースし、ストロングなスタイルで自身のヒップホップ観を体現してきたOMSB。2019年リリースのシングル“波の歌”以来の新作となる今作『MONKEY』は4曲入りとなり、自身が受けてきたヒップホップからの影響を色濃く感じるRascalプロデュースのヘッドバンガー"Childish Wu"、狂気的なベースで圧倒するOMSB自身のトラックで、誰しもが感じつつも自分もどこかで相手を軽んじてしまう因果について歌った強烈な一曲に仕上がっている"Naruhodo"、そしてミステリアスなネタ使いにOMSBらしいソリッドで太いドラムで構築され、昼夜逆転生活者の葛藤をハードなスタイルで描く"BoMaYe!!!"、プロデューサーにmadkosmosとOpus Innを迎え、自身のこれからを綴るドラマチックな楽曲"Airwalk"が収録。

今作のレコーディング、ミックスエンジニアはThe Anticipation Illicit Tsuboiが担当し、アートワークは同じSIMI LABとしても活動を共にするMA1LLがオリジナルイラストを描きおろしている。

Info

【タイトル】 MONKEY (モンキー)

【収録楽曲】

01. Childish Wu (Lyrics by OMSB / Produced by Rascal)

02. Naruhodo (Lyrics by OMSB / Produced by OMSB)

03. BoMaYe!!! (Lyrics by OMSB / Produced by OMSB)

04. Airwalk (Lyrics by OMSB / Produced by Madkosmos, Opus Inn)

【アーティスト名】 OMSB (オムスビーツ)

【レーベル】 SUMMIT, Inc.

【配信開始日】 2021年5月7日(金)

【配信サービスリンク】 https://summit.lnk.to/SMMT145

related

【座談会】木下麦 × OMSB × PUNPEE × VaVa 『オッドタクシー』| アニメのサントラの作り方

4月からテレビ東京系などで放送されているアニメ『オッドタクシー』。41歳のタクシー運転手・小戸川を軸に、可愛いけれど一癖も二癖もある動物のキャラクターたちが織りなすポップかつミステリアス、ファンタジーかつリアルというこれまで見たことのないオリジナリティーあふれる作品だ。

名古屋のクルーD.R.C.が野外イベント『XROSS CULTURE』の完全無料開催を目指しクラウドファンディングをスタート | 第一弾ではC.O.S.A.、田我流、Campanella、OMSBがアナウンス

Ryo KobayakawaやCOVAN、NEIなどが所属する名古屋のクルーD.R.C.が2015年から開催してきた野外イベント『XROSS CULTURE』が、今年も7/4(日)に名古屋栄オアシス21で開催される。

VaVaがYo-SeaとOMSBを迎えた"Triforce"のオリジナルバージョンをリリース

3月に『PLAY ALIVE 2021 : Apex Legends Season 08 Special Program』のオフィシャルテーマソングとして発表されたVaVaの"Triforce feat. Yo-Sea, OMSB -Arcade Mix-"。同楽曲のオリジナルバージョンが4/16(金)にリリースされることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。