UNION TOKYOが3周年を記念してDIGAWEL、MIN-NANO、TOKYOVIITAMINなどのコラボアイテムを発売

UNION TOKYOは、4月20日(火)にオープン3周年を迎える。そこでアニバーサリーを記念し、日頃から親交のある東京発ブランドやアーティストとのコラボレーション商品が、同日より発売される。

今回コラボレーションするのは、DIGAWAL、MIN-NANO、TOKYOVIITAMIN、HOTEL DRUGS。更にLA30周年のアニバーサリーとしてこの度復活したアイコンFRONTMANを配したオリジナルブランドUNION ORIGINALのTOKYOバージョンなど注目のラインナップとなっている。

職人気質の物造りと多様なカルチャーへの造詣から生み出される洋服が国内外で評価の高いDIGAWELからは、吉田カバンが製造を手掛けたバッグを含むスペシャルコレクションが登場。ブランドと共にUNION TOKYOと親交の深いデザイナー西村浩平がディレクションとスタイリングを担当したルックが公開となった。また、西村浩平のインタビューもUNION TOKYOにて掲載中だ。

東京は池ノ上を拠点に、今や東京のストリートシーンを語る上では欠かせない名店MIN-NANOを迎えたスペシャルメイクアップ。同店オーナーでありグラフィックデザイナーとしても知られる中津川吾郎とUNION TOKYOストアディレクター Lono Brazil IIIによる対談もUNION TOKYOにて掲載されており、中津川吾郎が考える東京とLAのストリートカルチャーやUNIONとの関係について話している。

東京と世界のユースカルチャーをクリエイションで繋げる多国籍なアート&ミュージックコレクティブtokyovitamin。彼らが今注目するNY出身のラッパー MIYACHIをゲストモデルに迎え、スペシャルコレクションの世界観を表現している。

Info

DIGAWEL 西村浩平インタビュー:https://www.uniontokyo.jp/news/3050/

MIN-NANO 対談:https://www.uniontokyo.jp/news/3051/

related

UNION TOKYOからNOAHとの スペシャルコラボコレクションが発売

UNION TOKYOから、NY発のストリートウェアブランドNOAHとの スペシャルコレクションが4月16日より発売される。

Gerry CosbyがMIN-NANOの中津川吾郎プロデュースによるリミテッドライン 『Gerry Cosby A+C』をスタートしBEAMS限定で発売

アメリカに拠点を構えるGerry Cosbyから、東京の池ノ上より様々な新しい文化を発信するショップMIN-NANOの中津川吾郎プロデュースによる、リミテッドライン『Gerry Cosby A+C』が、4月16日(金)にBEAMS原宿、4月23日(金)にBEAMS熊本にて発売される。

セレクトショップUNIONが30周年を記念したコレクションを発表

LAに拠点を構え現在は東京・原宿にも展開しているセレクトショップUNIONが30周年を迎えた。それを記念にオリジナルレーベルから『SPRING / 30 YEAR COLLECTION』を3/19(金)に発表する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。