WACKO MARIAがPRO-Keds、WRANGLERとのコラボアイテムを発表

WACKO MARIAがシューズブランドのPRO KEDS、デニムブランドのWRANGLERとのコラボアイテムを発表した。

PRO-Kedsとのアイテムは同ブランドを代表するモデル、ロイヤルプラスを使用。

PRO KEDS × WACKO MARIA
ROYAL-KEDS / ¥24,300 TAX IN / BLACK , PINK

ブラック、ピンクのスウェードレザー使用した2色が展開され、ヒール部分にタトゥーアーティストが描き下ろしたグラフィックが刺繍で表現されている。

WRANGLERとのアイテムは1960年代の半ばに制作されていた名作24 MJZを使用したコラボレーション。パターンをWACKO MARIAのオリジナルに変更し、服のヨレ感、生地の歪み、ねじれを和らげるブロークンデニムという織り方を採用したデニム生地を使用。その生地にWACKO MARIA オリジナルのレオパード柄をプリントしたタイプとウォッシュをかけたインディゴの2色が展開される。

WRANGLER × WACKO MARIA
24 MJZ TRUCKER JACKET / ¥33,000 TAX IN 
24 MJZ LEOPARD TRUCKER JACKET / ¥47,300 TAX IN

これらのアイテムはいずれも4月10日(土)よりPARADISE TOKYO、WACKO MARIA 伊勢丹新宿店メンズ館、WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO、WACKO MARIA ONLINE STORE及びWACKO MARIA 正規取扱店にて発売開始となる。

related

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

Larry Clark × WACKO MARIA × Stie-loのトリプルコラボで映画『TULSA』をイメージしたコレクションが登場

写真家で映画監督のLarry ClarkとWACKO MARIA、スタイリスト・野口強の主幸するStie-loによるトリプルコラボレ ーションが、7月10日(土)より発売となる。

WACKO MARIAとタトゥーアーティストTIM LEHIとのコラボレーション | ハワイアンシャツとショーツが登場

WACKO MARIAが継続してコラボレーションを行なっているタトゥーアーティストのTIM LEHIとのコラボアイテムが今夏も登場する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。