カルト的なSFストップモーションアニメ『JUNK HEAD』が今週公開|本編映像が解禁

日本人クリエイター堀貴秀が独学で製作を開始、たった一人で7年間を経て完成させたSFストップモーションアニメ『JUNK HEAD』が3月26日(金)より公開。その本編映像が解禁となった。

北米最大のジャンル映画祭の呼び声も高いファンタジア国際映画祭で最優秀長編アニメーション賞し、また『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞に輝いたギレルモ・デル・トロから同じ高みを目指す才能として激賞されるなど、高い評価を受けている『JUNK HEAD』。総ショット数約14万コマ、フィギュアはすべて手作りという狂気の愛と熱量で完成された本作は、マニアックでありながら壮大な世界観、不気味でありながら可愛らしいキャラクターにファンが続出している。

遺伝子操作により長寿を得た人類は、その代償に生殖能力を失う。さらに環境汚染、ウィルス感染 により世界の人口は激減。人類滅亡を止めるカギは、地下世界に生息する繁殖能力を得た人口生命体マリガンにあ った。今、未来を救うために“主人公”が、地下迷宮へと潜入する――。

解禁された本編映像では、堀監督が7年間かけて完成させた緻密な「地下世界」のセットを垣間見ることができる。

また、初日来場者特典として『JUNK HEAD』オリジナルステッカーの配布が決定。そして、3月26日(金)、27日(土)には、堀貴秀監督自身による舞台挨拶も実施される。

さらに、本作に向けて『MGS』シリーズなどで知られるゲームクリエエイターの小島秀夫、OKAMOTO'Sのハマ・オカモト、映画ライターの高橋ヨシキによるコメントも到着している。

ほぼ“ひとり”だからこそ産みだせる唯一無二の作品がある。物創りへの崇高な情熱と狂気が、創作の起源を垣間見せてくれる。彼の存在を世界が見つけてしまったからには、もう誰も物創りを止める事は出来ないはずだ。

小島秀夫(ゲームクリエイター)

不気味で愛おしいこの世界に、目が奪われない人なんているのでしょうか。脅威の集中力と想像力を前に、尊敬の気持ちでいっぱいになりました。

ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

地底奥深くに広がる「質感の王国」を見よ! 執念と美学、技術とユーモアのセンスが一点で爆縮する濃密にして圧倒的な映像体験!

高橋ヨシキ(映画ライター/デザイナー)

Info

©️2021 MAGNET/YAMIKEN

『JUNK HEAD』

3 月 26 日(金) アップリンク渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺他全国順次公開

監督・原案・キャラクターデザイン・編集・撮影・照明・音楽:堀貴秀

音楽:近藤芳樹

制作:やみけん 

製作:MAGNET 

配給:ギャガ ©️2021 MAGNET/YAMIKEN 

公式 HP:gaga.ne.jp/junkhead 

公式 Twitter:JUNKHEAD_movie

舞台挨拶

①3/26(金) 18:50上映回 アップリンク渋谷  

②3/27(土) 10:00上映回 アップリンク吉祥寺 

③3/27(土) 12:45上映回 池袋シネマ・ロサ 

④3/27(土) 15:40上映回 川崎チネチッタ 

※いずれの回も、上映後の登壇となります。

※詳細は公式HPまで

https://gaga.ne.jp/junkhead/news/#2021032202/

related

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。