横浜の注目ラッパー9forが新曲を立て続けにリリース

Leon Fanourakis、SANTAWORLDVIEWやYamie Zimmer、Only Uなどの注目ラッパーを生み出している横浜。湘南出身のLEXなども加えると次代のスターたちが頭角を現している、この地で注目を集めているのが9forだ。

第11回高校生ラップ選手権の優勝者である9forは、バトルシーン出身の高いスキルを活かしつつも、そこだけに留まらず音楽的な才能も開花させつつある。バトルから軸足を移しつつある理由を「楽曲に自信がついたのと、周りのアーティストからの影響もある」と9forはコメント。

FNMNLの2021年の注目アーティストにも選出されているビートメイカーのoddy lozy(彼もまた現在は横浜を拠点にしている)とのタッグ作『LAB in GARAGE』ではミニマルでソリッドなビートに対して、その隙間を埋めるファストかつ、グルーヴもキープしたフロウで存在感を見せている。ファストなラップについてはLogicの影響が大きいとのことで、「アルバム『Everybody』に収録された"Black SpiderMan"のミュージックビデオを観て、リリックの意味は理解できなかったが、とても感動したのを今でも鮮烈に覚えている。ナードな部分や強く飾らない所も好き」という。

そのファストなフロウと、自身曰く「代えがきかない声とスタイル」を武器に、今年に入ってからも同じく横浜を拠点とするillrainとの"What's Happen"やCarz、そして北九州のgerardparmanとの"M.M.B"などで剃刀のようなソリッドなフロウを残している。

「周囲にいる人の自慢の存在になるのが夢」という9forの躍進に注目だ。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。