lil beamzが自宅の部屋で撮影した"I AM I"のミュージックビデオを公開

lil beamzがEP『LIL BEAMZ IS LIL BEAMZ』から、 “I AM I”のミュージックビデオを公開した。

ganacheが制作したこのミュージックビデオは、すべてlil beamz本人の自宅の部屋で撮影。タイトル通り、自身と向き合い自分の嫌な部分やネガティブな感情、それら全てを含めて自分と認めたい気持ちと理想の自己との葛藤を描いた。部屋にはゆるふわギャングのポスターも貼られており、lil beamzのリアルな一面が表現されている。

Info

アルバム配信リンク:

https://music.apple.com/jp/album/lil-beamz-is-lil-beamz/1538366297

https://open.spotify.com/album/50arFIxriimhKD2Yd2GahA?si=aK4y9sZtQv6ih4SqPZul_A

related

SATOHがlil beamz、LIL SOFT TENNISをフィーチャーした新曲“neverland”を今週リリース

SATOHがlil beamzとLIL SOFT TENNISをフィーチャーした新曲“neverland”を今週5月28日(金)にリリースする。

lil beamzが新曲“マヂカルラブリー”をリリース

昨年リリースのEP『LIL BEAMZ IS LIL BEAMZ』や、先日リリースされたプロデューサーユニットKNOTTとの楽曲“Yeah”などが話題を呼び続ける兵庫・加古川の新鋭ラッパーlil beamzが、新曲“マヂカルラブリー”をリリースした。

KNOTTとlil beamzがKADOKAWA DREAMSのために新曲"Yeah"を制作

プロダンスリーグに参戦中のKADOKAWA DREAMSが姫路のプロデューサーユニットKNOTTとラッパーのlil beamzを迎えた新曲"Yeah"を本日3/10(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。