lil beamzが新作EP『LIL BEAMZ IS LIL BEAMZ』を来週リリース|キービジュアルも公開

兵庫・加古川を拠点にする新鋭ラッパーのlil beamzが、新作EP『LIL BEAMZ IS LIL BEAMZ』を11月16日(月)にリリースする。

lil beamzのエンジニアも務めるHLGB STUDIOのDa.Iも参加するユニットKNOTTがプロデュースしたシングル“Light Speed DIO”に続くリリースとなる今作は、彼のトレードマークであるレイヴィーなトラックの他、より幅広いアプローチを取り入れた作品となる。

またリリースの予告に合わせ、EPのキービジュアルも公開。今後リリース前日まで、トラックリストとビジュアルが彼のSNSにて一日ごとに公開されていくとのこと。進化を続けるlil beamzの動向に期待が高まる。

related

神戸の新鋭ラッパーyx sillyがEP『Silly & U』をリリース | Minchanbabyとlil beamzも参加

姫路を拠点とする若手ラッパーのyx sillyが、3作目のEPとなる『Silly & U』をリリースした。

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

【インタビュー】lil beamz|自分を認めて光となる

トラップを下敷きとして多様なスタイルを持つラッパーたちが次々と登場する現在の日本のシーンに、“MICHIKO LONDON”、“ZENITSU”といった楽曲を携えて鮮烈な登場を飾ったlil beamz。兵庫県・加古川出身であり、Shurkn Papを始め多くのラッパーを輩出してきたHLGB Studioを拠点に活動する彼は、エモーショナルなトラップビートから四つ打ちやドラムンベースまで幅広いビートを自在に、自身の色に染め上げながら乗りこなす。自分自身の内面をリアルに吐露したリリックをファッションやアニメといったトピックに織り交ぜる感覚も、まさにオリジナルな物であると言ってよい。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。