1 MONCLER JW ANDERSONの2021SSコレクションが発表|発売を記念しポッドキャストシリーズとフィルムキュレーションが公開

「遊牧的なジャーニー」をテーマとした1 MONCLER JW ANDERSONの2021年春夏コレクションが3/1(月)に発売となった。

Jonathan AndersonによるMONCLER GENIUS 2021 春夏コレクションは、MONCLERのクラシックなシルエットに冒険的な要素を加えながら、幻想的で儚い海での生活というビジョンを表現。「遊牧的なジャーニー」というコンセプトに基づいたコレクションでは、変化し続ける状態を夢に見ながら、唯一の目的地は今ここにあるということを知る、シンボリックな人物によって特徴付けられている。

また1 MONCLER JW ANDERSONの発売に合わせ、MONCLERと JW ANDERSONが、儚い瞬間を感覚的に深掘りすることのできるプログラムを立ち上げる。

MONCLER GENIUSのPodcastシリーズから第1弾が発表されると共に、映画のキュレーション・ストリーミングサービスMUBIとのパートナーシップを通じて、Jonathan Andersonのコンセプチュアルな想像力を視覚的・聴覚的な風景で描き、世界中の視聴者やリスナーが自宅にいながらその世界観を体験することが可能となっている。

MONCLER GENIUSのPodcastシリーズはバーチャルサロンとしてSpotifyにてリリースされ、ファッション業界における先進的なマインドが集い、重要なテーマについて語られる。Serpentine Galleriesのアーティスティックディレクターを務めるHans Ulrich Obristがホストを務める第一回目のエピソードでは、デザイナーの個人的な旅の様子、包括的な旅の経験、そして想像上の旅というコレクションの核心に迫る。

またMUBI によってキュレーションされた映画のセレクションでは、アートハウスの短編映画から、広く愛される旅の記録映画まで、 長期的に旅をする旅人の考え方を知ることをテーマとして選ばれた映画を観ることが出来る。

JW ANDERSONのコレクションは、触覚的なエフェメラが一貫した特徴。この特徴は、デザイナーとHans Ulrich Obristのロングインタビューを収録した限定版の出版物でも継承されている。コレクションのために制作されたイメージのセレ クションから、文化的な風景についてのディスカッションがなされており、コレクションの根底にある「旅」について語られている。

Info

1 MONCLER JW ANDERSONの最新コレクションは、一部のMONCLERブティック、オフィシャル EC サイトで 2021年3月1日(月)に発売。

MUBI によってキュレーションされたフィルムセレクションには以下の作品が含まれています。 (居住国によって視聴可能な内容は異なります。)

Swept Away (Lina Wertmüller, 1974)

Travel Songs (Jonas Mekas, 1981)

Nomad (Patrick Tam, 1982)

Three Crowns of a Sailor (Raoul Ruiz, 1983) 

Paris, Texas (Wim Wenders, 1984) 

Vagabond (Agnès Varda, 1985)

The Green Ray (Éric Rohmer, 1986)

The Sheltering Sky (Bernardo Bertolucci, 1990) 

Disappearance at the Sea (Tacita Dean, 1996)

The Motorcycle Diaries (Walter Salles, 2004)

Winter Nomads (Manuel von Stürler, 2012)

Further Beyond (Joe Lawlor and Christine Molloy, 2016) 

I am not a Witch (Rungano Nyoni, 2017)

30 日のフリートライアルや MUBI についての詳細は以下のリンク先よりご確認頂けます。

https://mubi.com/promos/monclergenius

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。