横浜を拠点とするDJ・プロデューサーのLatin Quarterが13年ぶりの新作EPをリリース

横浜を拠点にブリージンなテイストで知られるDJ・プロデューサーのLatin Quarterが、実に13年ぶりとなるEP『pattern01』を4月にリリースする。

今回の作品にはエレクトロ・アシッド・ディスコな"Don’t care"など、自身のDJとも共通するスムースでメロウなバイブスも持ちつつも、ユニークさが際立つサンプリング&コラージュが施されたオルタナティヴなディスコハウスを6曲収録している。

鯉をモチーフにしたアートワークは盟友大原大次郎が担当し、デザインを用いたTシャツ付きセットも販売となる。マスタリングはおなじみ得能直也が担当している。

また本作と合わせて未発表曲集をまとめたカセットテープも同時発売となる。

Info

アーティスト:Latin Quarter

タイトル:pattern01

フォーマット:CASETTE TAPE+DL Code

品番:MAD-008

販売価格:1,500円(税抜)

発売元: MAD LOVE Records/Pan Pacific Playa

発売日:2020年4月14日(水)

【トラックリスト】

A-1 Don’t care

A-2 Pooh

A-3 birdsong

B-1 Come on In

B-2 Spring Rev

B-3 Hiden

販売価格:5,000円(税抜)

発売元: MAD LOVE Records/Pan Pacific Playa

発売日:2020年4月14日(水)

Body color:white(ALSTYLE)

Size:S/M/L/XL

https://madlove.thebase.in

アーティスト:Latin Quarter

タイトル:Mock

フォーマット:CASETTE TAPE+DL Code

品番:PPP-045

販売価格:1,000円(税抜)

発売元: MAD LOVE Records/Pan Pacific Playa

発売日:2020年4月14日(水)

A-1 flamingo tutu

A-2 tu-dum

B-1 Rits Crack Bits

B-2 Gamlan&Turntable

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。