WACKO MARIAがクエンティン・タランティーノの名作『PULP FICTION』とのコラボを発売

WACKO MARIAがクエンティン・タランティーノ監督の名作『PULP FICTION』とのコラボレーションアイテムを3/6(土)に発売する。

同作品の作中に登場するオフィシャルのロゴをTシャツ、スウェットに刺繍、プリントを行っており、同作のファンならずともキャッチーなグラフィックには目がいくことは必至だろう。

また継続してコラボレーションを行なっているNANGAとのアイテムも同日発売。オリジナルのパターンを使用したマウンテンパーカーと新たに登場したアノラックパーカーの2型が登場する。

どちらも3月7日(土)よりPARADISE TOKYO、WACKO MARIA 伊勢丹新宿店メンズ館、WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO、WACKO MARIA ONLINE STORE及びWACKO MARIA 正規取扱店にて発売開始となる。

Info

 NANGA× WACKO MARIA

LEOPARD MOUNTAIN PARKA / ¥72,000+TAX BEIGE (レオパード柄)

WOODLANDCAMO MOUNTAIN PARKA / ¥72,000+TAX OLIVE (ウッドランドカモ柄)

MOUNTAIN PARKA / ¥57,000+TAX BLACK / BLUE

LEOPARD ANORAK PARKA ¥67,000+TAX / BEIGE (レオパード柄)

ANORAK PARKA ¥53,000+TAX BLACK

PULP FICTION × WACKO MARIA

50’ SHIRT/ ¥22,000+TAX GRAY / BLACK

3 PACK CREW NECK T-SHIRT / ¥27,000+TAX / ONE SET 

CREW NECK T-SHIRT (TYPE-1) ¥9,000+TAX WHITE / L-BLUE / BLACK

CREW NECK T-SHIRT (TYPE-2) ¥9,000+TAX WHITE / L-BLUE / BLACK

CREW NECK T-SHIRT (TYPE-3) ¥10,000+TAX WHITE / L-BLUE / BLACK

CREW NECK SWEAT SHIRT (TYPE-1) ¥14,000+TAX BLACK / GRAY

CREW NECK SWEAT SHIRT (TYPE-2) ¥14,000+TAX BLACK / GRAY

CREW NECK SWEAT SHIRT (TYPE-3) ¥15,000+TAX BLACK / GRAY

related

WACKO MARIAから映画『悪魔のいけにえ』とのコラボアイテムが発売

WACKO MARIAから1974年に上映されたトビー・フーパー監督のホラー映画『THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE(悪魔のいけにえ)』とのコラボレーションアイテムが発売となる。

WACKO MARIAがタトゥーアーティストのTIM LEHIとコラボレーション

WACKO MARIAがタトゥーアーティストTIM LEHIとのコラボレーションをリリースする。 継続しコラボレーションをおこなっている、タトゥーアーティストTIM LEHIとのコラボレーション。今作を忠実に再現し背中、袖に刺繍をした、ベトナムジャケット、スカジャケット、総柄で今作を表現した...

WACKO MARIAが窪塚洋介主演の映画『凶気の桜』とコラボレーション

WACKO MARIAが、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーションアイテムを 1月 3日(土) より発売する。 原作はヒキタクニオ、監督に薗田賢次、主演に窪塚洋介を迎え、2002年に公開された映画『凶気の桜』とのコラボレーション。窪塚洋介が初めて企画段階から映画製作に参加し...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。