Lord Tuskのレゲエ・ダブ名義Sons of SimeonによるデビューシングルがRiddim Chango Recordsからリリース

ロンドン拠点のプロデューサーLord Tuskによるレゲエ、ダブ名義Sons of Simeonのデビューシングル“Goliath Brothers”がRiddim Chango Recordsよりリリースされる。

Funkin EvenのApronレーベルやJohn RustのLevelsレーベルでのハウス、テクノ寄りのリリースや、USのレジェンドMCであるMos Defとのアルバム制作、Sun Runners名義でのVaporwave寄りのアルバムの発表など多方面で活躍するLord Tusk。そんな彼は大のサウンドシステムファンとしても知られ、Sons of Simeon名義でのデビューシングルはキラーなダブ、ステッパーに仕上がっている。

マスタリングはDMZ等との仕事で知られているTransitionスタジオにて行われており、サウンドシステムでの鳴りが保証された一枚だ。

Info

Label : Riddim Chango Records
artist : Sons of Simeon
title : Goliath Brothers

仕様/品番/バーコード/
10"インチ・アナログ盤 / デジタル配信 (Bandcamp先行配信) / RCEP-007 / 4580211858257

発売日:2021年3月26日(金)

Side A
01 - Goliath Brothers Verse 1

Side B
01 - Goliath Brothers Verse 7
02 - Goliath Brothers Verse 36

Produced & mixed by Sons of Simeon
Lacquer cut by Jason Goz (Transition Studio)

https://riddimchango.bandcamp.com/album/goliath-brothers?fbclid=IwAR1IiwKZp3lk786tYVJwWVl51adBvt5eDd5_WLxdCUhrOJ-gzLB3uvP8Usg

related

年末の恒例イベント『TOKYO DUB ATTACK』が恵比寿 The Garden Roomを舞台に今年も開催

年末に代官山UNITにて開催されてきた、レゲエにおいて最もタフでハードコアな要素として知られるサウンドシステムをフィーチャーした恒例イベント『TOKYO DUB ATTACK』が、今年は恵比寿ガーデンルームに会場を移して12月30日(水)に開催される。

Riddim ChangoからレジェンドMacka Bによる最新作がリリース

オルタナティブなレゲエ・ダンスホールを発信するレーベルRiddim Changoから、ジャマイカ〜UKのレジェンドで、未だに現役で活動を続けているMacka Bが最新作をリリースした。

RIDDIM CHANGO初の7インチ・カットは2枚組。O.B.F x Bim One Productionsによるスプリット作品

ロンドンと東京をベースに世界照準のキラー・レゲエ/ダンスホールを発信しているRiddim Changoから、レーベル初となる7インチ・フォーマットが発売される。O.B.F x Bim One Productionsによる豪華2枚組セットで、2月初旬にリリース予定だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。