WACKO MARIAとタトゥースタジオ56 TATTOO STUDOのコラボスカジャンが発売

WACKO MARIAがタトゥースタジオ56 TATTOO STUDIOとのコラボレーションでスカジャンを発表する。

56 TATTOO STUDIO × WACKO MARIA
56 TATTOO STUDIO / SKAJACKET
¥68,000+TAX /
BLACK , NAVY

このスカジャンは渋谷彫雅 Kishiの作品「鬼スカル」を身頃と袖にプリントしたインパクト大のアイテム。明日2/13(土)からPARADISE TOKYO、WACKO MARIA 伊勢丹新宿店メンズ館、WACKO MARIA HANKYU MEN’S TOKYO及びWACKO MARIA 正規取扱店で発売開始となる。

related

WACKO MARIAとWOLF’S HEADのコラボでアロハシャツなどが登場

WACKO MARIAが継続的にコラボレーションを行なっているWOLF’S HEADとのアイテムが今季も登場した。

WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

舐達麻とWACKO MARIAによる話題のコラボ第3弾

発売のたびに話題になる舐達麻とWACKO MARIAによるコラボアイテムの第3弾が、8/7(土)に発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。