SHAKKAZOMBIEのメンバーとしても活躍したオオスミタケシが死去との報

SHAKKAZOMBIEのメンバーとして90年代の日本のラップシーンで活躍し、2000年代以降は自身のブランドを手掛けたデザイナーとして知られるオオスミタケシが敗血症のため死去したとWWDが伝えている。47歳だった。

オオスミは93年にHIDE-BOWIEとTSUTCHIEと共にSHAKKAZOMBIEを結成し、95年にデビューEPをリリースし96年にはメジャーデビューを果たした。同年には伝説的なイベントといわれる『さんピンCAMP』にも出演し、"大怪我"などを披露し、インパクトを残した。

その後2枚のアルバムをリリース後に、2000年にはバンドNORTHERN BRIGHTとのコラボ曲"GET YOURSELF ARRESTED"や、"SO TIGHT,SO DEEP"なども話題となり、2003年には3rdアルバム『THE GOODFELLAZ』 をリリースした。並行して2000年にはHIDE-BOWIEと共にアパレルブランドSWAGGERを始動させ、その後オオスミは2004年にソロでPHENOMENONをスタートし、軌道に乗せるなどブランド運営に軸足を移していった。

2012年には吉井雄一と共にミスター・ジェントルマンをスタートさせ、2016年にはPHENOMENONのデザイナーを退任。昨年は渋谷 PARCOにて復活したWAVEで、自身がキュレーションした企画「RULES by curated by Takeshi Osumi」で大神、スチャダラパー、ライムスター、キミドリの作品を用いたTシャツもリリースするなど、精力的な活動を続けていた。

2/3 12:55追記

ミスター・ジェントルマンのInstagramアカウントでも公式発表があった。「3月の東京ファッションウィークにて、亡くなる直前まで病室にて製作を進めていた2021年秋冬コレクションをオオスミへの追悼の意を込めて発表、また、コレクション発表の数日後には関係者、友人、ファンの皆さまとのお別れの会を予定して」いるということで、詳細は後日発表される。

related

急逝したオオスミタケシの追悼MV特集がスペースシャワーTVでオンエア

先日急逝したオオスミタケシの追悼番組が2/16(火)と2/23(火)にスペースシャワーTVで放送される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。