BlackEyePatchが90年代のスケートカルチャーをテーマにグラフィック制作を行った『Reebok DESIGNED by BlackEyePatch』が発売

BlackEyePatchによってデザインされたオリジナルグラフィックを使用したアパレルとシューズを展開するスペシャルコレクションのセカンドシーズン『Reebok DESIGNED by BlackEyePatch』が1月29日(金)から発売される。

本コレクションはBlackEyePatchがReebok歴代のアーカイブデザインをベースに、オリジナルグラフィックデザインを採用したスペシャルコレクション。2020 AWシーズンでは2度にわたり発表され、シンプルながらも遊び心のある個性的なグラフィックで注目を集めた。今シーズンも2度に分けて発売。Reebokを代表するアイコニックなスニーカーからアパレルまで幅広いアイテムが登場する。

世に当たり前に流通しているデザインを、これまでのカルチャー的バックグラウンドを通して育まれた視点から再構築することに定評のあるBlackEyePatch。今回は90年代のストリートカルチャー、中でもスケートボードカルチャーのグラフィックなどをテーマとしたグラフィックの制作を依頼し、当時のムードを表現したコレクションが完成した。

ファーストドロップとなる今回は、前衛的なシルエットが話題を呼びReebokの新たなアイコンモデルとなっているZIG KINETICA IIをベースに採用したコラボレーションモデルが登場。その他、肌寒いこの時期にも活躍する、ロングスリーブTシャツや、背面のコラボレーションロゴが印象的なジャケットといったアパレルもラインナップされている。

後日ローンチとなるセカンドドロップでは、Reebokの裏定番として長年愛されているCLUB C LEGACY BEPや、CLASSIC SLIDE BEPをはじめ、3 種類のスニーカーを含むアパレルアイテムのフルコレクションが登場予定だ。

Info

発売日:2021 年 1 月 29 日(金)

販売店舗
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp)

・リーボックストア 渋谷

・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべの HOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋み なとアクルス)

・リーボック フィットハブ(ららぽーと EXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)

・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/)

・ABC-MART GRAND STAGE 各店/CORNERS/S-Rush 大阪店/S-Rush 原宿店/S-Rush 横浜店

※店舗によって取り扱い品番が異なります。
※一部取り扱いの無い店舗がございます。

related

SOUND SHOP balansaとReebokがコラボレーションしCLUB Cを発売

韓国釜山の人気セレクトショップSOUND SHOP balansaとReebokのコラボレーションでCLUB Cが、リーボックストア 渋谷、リーボッククラシックストア 原宿、リーボック オンラインショップ、 BILLY’S ENT ONLINE、 SOUND SHOP balansa(韓国)にて10月1日より順次発売となる。

NEW ERAのMLB On-Field 59FIFTY®をフィーチャーしたプロジェクトにスケーターの本橋暸と西宮ジョシュアが登場

NEW ERAのベースボールキャップのワールドスタンダードであるMLB On-Field 59FIFTY®をフィーチャーしたムービープロジェクト『STYLE by NEW ERA』に、本橋暸と西宮ジョシュアが登場。

ReebokとBEAMSのコラボモデルClub C Laceless Muleが登場

ReebokとBEAMSのコラボレーションにモデルClub C Laceless Muleの、9月25日(土)の店頭発売に先駆けた、9月1日(水)12時よりBEAMS公式オンラインショップにて先行予約がスタートする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。