CANがサントラを担当した70年代ドイツのカルト映画『デッドロック』が日本公開決定

1970年に製作され、スティーブン・スピルバーグをはじめ、アレハンドロ・ホドロフスキーやクエンティン・タランティーノも絶賛するドイツ映画『デッドロック』(原題:DEADLOCK)が、5月に新宿K’s cinemaなどで日本公開されることになった。

わずか7人の登場人物、アメリカが舞台でありながらイスラエル・ネゲヴ砂漠で撮影されたドイツ映画『デッドロック』。ローラント・クリックが監督した本作は1970年のカンヌ映画祭からコンペティション出品オファーを受けるが、ドイツ国内の監督や批評家から、当時勃興していたニュー・ジャーマン・シネマを貶めるものだと出品を反対され、 特別上映というかたちでの上映に。ところが当日が雨で少数の観客だけでの上映となりその後の 『デッドロック』のカルト化に拍車をかけることになった。しかしドイツ国内では興行的に成功、ドイツ映画賞長編作品賞に選出された。

音楽はクラウトロックを代表するバンドCANが担当し、サイケデリックなサウンドトラックを響かせ、ポストアポカリプス的な雰囲気に拍車をかけている。

本作制作後ハリウッドやマカロニ・ウエスタンをはじめとしたイタリア映画界の誘いをすべて断った監督のローラント・クリックは、ドイツ映画界で も話題に上ることもなかったが、わざわざクリックをハリウッドに招待したスティーブン・スピルバーグをはじめ、アレハンドロ・ホドロフスキーやクエンティン・タランティーノらがその自由さと大胆さを絶賛しており、今の映画界に与えた影響は計り知れない。

荒野を彷徨うかのように逃げてきた傷ついた若い男。荒れ果てた家に住むさえない中年男と狂女、 そして口のきけない美少女。黒づくめの殺し屋が静かにやって来る。墓場に埋められたはずの100 万ドルを奪い合い、男たちの闘いが、いま始まる―!

Info

1970 年/ドイツ/英語/85 分/1.66:1 

原題 DEADLOCK ★ドイツ映画賞長編作品賞受賞
監督:ローラント・クリック

音楽:CAN(カン)

出演:マリオ・アドルフ/アンソニー・ドーソン/マルクヴァルト・ボーム/マーシャ・ラベン
配給 オンリー・ハーツ/アダンソニア

宣伝:ブライトホース・フィルム

字幕:小泉真祐 © Filmgalerie451

2021 年 5 月より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

related

ジム・ジャームッシュ監督初の大規模特集上映『JIM JARMUSCH Retrospective 2021』が7月に開催

ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模な特集上映『 JIM JARMUSCH Retrospective 2021』が、2021年7月2日(金)から22日(木)の3週間限定で新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺の4館にて開催されることが決定した。

中村佳穂が細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』に主演声優で出演 | 物語の軸となる劇中歌も担当

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』に、本日久しぶりの新曲"アイミル"をリリースした中村佳穂が、主人公のすず/ベル役で出演すると発表された。

『Style Wars』 の続編『Style Wars:Re-Visited』が一日限定公開

FNMNLでも取り上げている映画『Style Wars』の続編で、2003年に撮影された『Style Wars:Re-Visited』が渋谷ホワイトシネクイントで4/25(日)に1日限定同時上映される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。