NOAが1st EP『Too Young』を来週リリース

前作"TAXI feat. tofubeats"が大きな話題となり、FNMNLの人気連載『日本と韓国 : 隣国で暮らしてみて』にも登場したNOAが、1st EP『Too Young』を来週1/29(金)にリリースする。

NOAはインスタグラムのフォロワーの約9割は海外からのフォロワーが占める等、アジアを中心にグローバルに活躍している。1st EP『Too Young』は、日本語・韓国語・英語を話すトリリンガルのNOAによって、3カ国語をミックスした歌詞で制作。作詞・作曲を行うNOAに加えて、本作はプロデューサーにKSUKE、 Ryosuke“Dr.R”Sakai 、mabanua 、Chaki Zulu、MILLENNIUM(レソン)を招き、ポップ、R&B、ダンスミュージックなど、バックボーンに左右されずに様々なジャンルが混ざり合った作品になっている。さらに1st"LIGHTS UP"に韓国の人気シンガーSAAYが参加したバージョンも収録となる。

リード曲"Too Young"は、ソウルに住んでいた頃に書いた曲で、韓国語と英語で感傷的な愛を歌った楽曲でKSUKEをプロデューサーに迎えている。"Too Young"は1/29(金)の22時にはYouTubeチャンネルにてプレミア公開される。公開直前の21:45頃よりゲストに親友MILLENNIUM(レソン)を迎えて、生配信も行うことが決定した。

「ついに初のEPがリリースされます。

一曲一曲に新たな魅力を感じていただける色鮮かな5色のメロディが収録されています。

リード曲の「Too Young」はソウルに住んでいた頃に書いた曲です。当時、韓国語で書いた歌詞をそのままリリースすることになり、あの頃の僕の感性をストレートにお伝えできることを、とても嬉しく思います。

新たに作った他の4曲は、一歩前に踏み出す時の気持ちを込めた「Multiverse」という曲や、誰かを好きになる時に感じること、夢や目標に向かっていく中の熱い気持ち、それぞれのストーリーが僕の音楽になっています。

皆さんの日常の様々な場面で、この曲たちが共に輝いてくれれば嬉しいです。

そして皆さんと一緒に歌う日が来るのがとても待ち遠しいです。」(NOA)

Info

『Too Young』 1.29 Digital Release

1: Too Young                      Produced by KSUKE

2: Better                  Produced by Ryosuke“Dr.R”Sakai

3: Friends?                   Produced by mabanua

4: Multiverse                Produced by Chaki Zulu

5: LIGHTS UP feat. SAAY           Produced by NOA / MILLENNIUM

related

NOAの"Too Young"にタイのラッパーTwopee southsideが参加したバージョンを来週リリース

NOAが先日リリースしたEP『Too Young』のタイトル曲に、タイのラッパーTwopee southsideが参加したリミックスバージョンが3/5(金)にリリースされる。

NOAが自身の誕生日に初のオンラインライブを開催

NOAが先月リリースした1st EP 『Too Young』を記念して、自身の誕生日である3/13(土)に初のオンラインライブ『NOA 1st ONLINE LIVE』を開催する。

NOAが『スッキリ』で地上波デビュー

先日EP『Too Young』をリリースしたばかりのNOAが、明日2/8(月)に日本テレビで放送される『スッキリ』のコーナー「BUZZ-P」で、地上波のTV番組に初出演を果たす。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。