Dorianがニューシングル『Everlasting LOVE / Sweet Ending』を7インチでリリース

前作『midori』のリリース後は様々なアーティストへの楽曲提供やライブのサポートなど更に活動の幅を広げているDorianが、久しぶりのニューシングルを7インチでリリースする。

A面にはエキゾチックなイージーリスニング、ムード音楽のサンプリングを中心にロボティックなグルーヴで組み立てた、トロピカルなスローブレイクビーツの"Everlasting LOVE"を収録。B面にはゆったりしたビートとサンプリングやサウンドコラージュ、心地良いアンビエンスを中心に切ないオールド・ポップソングのサンプリング・フレーズでラストを迎える"Sweet Ending"を収録した。

イージーリスニング、ムード音楽の夢見心地な感覚とトロピカルなテイストをサンプリングをも用いダウンテンポ、ブレイクビーツに落とし込んだ新境地と言える作品に仕上がった。

Info

Dorian『Everlasting LOVE / Sweet Ending』 (7")
発売日:2021年3月下旬予定
価格:1,500円+税レーベル:FRUITS KING / JET SET
品番:FK-002
形態:7"
収録曲:SIDE A

1. Everlasting LOVE

SIDE B
1. Sweet Ending

■JET SET Online Shopにて予約受付中(   https://www.jetsetrecords.net/i/816005858749/

related

PUNPEE、ECD、スチャダラパー、RHYMESTERなどが加山雄三の世界をリミックスしたアルバム『加山雄三の新世界』

加山雄三の代表曲"お嫁においで"をラッパーでトラックメーカーのPUNPEEがリビルドした"お嫁においで 2015 feat.PUNPEE"は、2015年9月にリリースされ大きな話題となった。オリジナルのサビを引用しながらPUNPEEによるオリジナルのラップと再構築されたトラックは、加山雄三の世界に新たな彩りを加えたものだった。 そしてその楽曲も収録されたリミックスアルバム『加山雄三の新世界』が3/8にリリースされることが発表された。

2016 Best Or Worst by Dorian

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。

町工場から生まれる音をDJ TASAKAやDorian、Gonno、Cherryboy Functionらが楽曲に

日本各地に点在する町工場で、日々動き続ける機械の動作音をフィールドレコーディングし、その音を元にDJ TASAKAやDorian、Gonno、Cherryboy Function、Inner Scienceなどが楽曲化する新たなプロジェクト『INDUSTRIAL JP』が10/24に始動する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。