Bobby Shmurdaが早ければ今年2月に釈放か

“Hot Nxxxa”が大ヒットし、現在に至るまでシーンに大きな影響を与えながらも、2014年以来現在まで服役を続けているBobby Shmurda。長らく釈放とシーンへの帰還を期待されてきた彼が、今年の2月にいよいよ釈放されるかもしれない。

XXLによると今週月曜、ニューヨーク州矯正局とコミュニティ監督局の担当者が、Bobby Shmurdaが早ければ今年の2月に釈放される可能性があると発表。「彼はこれまで懲戒処分を必要とする行動のために条件付き釈放には不適格とされてきましたが、2021年の2月23日に条件付き釈放をされる資格があると判断されました」とのことで、釈放後は2021年12月11日に刑期を満了するまで監視がなされるという。

Bobby Shmurdaは2014年に武器の所持や薬物所持といった罪で逮捕され、また2019年には服役中の薬物所持や暴力といった問題行動を理由に早期釈放を却下されていた。しかし今年に入って早期の仮釈放が決定されていたことから、彼が獄中での行動を改めていたことが分かる。

無事に釈放され、これまでのように楽曲を発表して欲しいというのがファンにとっての願いだが、果たして釈放後のBobby Shmurdaのキャリアはどのようなものとなってゆくのだろうか?

related

Ice-Tが「50 CentとBobby Shmurdaが最後のギャングスタラッパーだ」と主張

西海岸のレジェンドであり、ギャングスタラップのパイオニアの一人であるIce-T。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中で行った発言が話題を呼んでいる。

Bobby Shmurdaの大ヒットチューン"Hot Nxxxa"のビートは元々はMeek Millのために作られたものだった

人気プロデューサーで数々のヒットチューンを手掛けているJahlil Beatsが、 DJBoothの企画に登場し、自身の手掛けた数々のビートについて明かしている。

6秒間動画のVineがサービスを終了。Vineから人気に火がついたヒップホップの楽曲とは?

「Vineは音楽プローモーションのとしての影響力が抜群で、Vineのおかげで世に広まった曲やミュージシャンがたくさんいる。」米メディアのThe FADERは記事でこのように謳っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。