BEST BUY 2020 Selected by STUTS

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っているアイテムを、印象的な活動を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今年はミニアルバム『Contrast』をリリースし、東名阪ツアーも敢行するなど精力的に活動をしたSTUTSのベストバイ

BEST BUY 2020 Selected by STUTS

ベランダに敷くタイル

コメント

ベランダに素足でも出れるようになって生活が豊かになりました。上に座ったり寝転んだりできるベランダ収納も買ったら、部屋も片付いてベランダでくつろぐこともできるようになって最高でした。部屋にいながら気分転換できる感じがとても良かったです。

2020年印象的だったこと

ミニアルバム『Contrast』の制作

さまざまな配信ライブ

『Contrast』Release Tourでのバンドセットでのライブ

今年の2/3は提供作品など合間にやりつつ、ずっとミニアルバムの制作をやってました。5-6月は家からライブを配信させてもらう機会が多かったのも印象的です。残りの1/3はバンドセットのライブの準備・リハ&本番という感じでした。自分のトラックの質感は保ちつつ、バンドならではの感じにするのを模索することが、悩ましくもとても楽しかったです。バンドの皆さんと色んな時間を共に過ごせたのもとてもいい経験でした。人前で久しぶりに大きな音で演奏できた瞬間はとても感慨深かったです。

STUTS

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2013年2月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行。オーディエンスが踊り出す動画をYouTubeで公開して話題になる。MPC Playerとして都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックスの依頼を受けるようになる。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。2020年9月にミニアルバム『Contrast』をリリース。

現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。

related

STUTSとどんぐりずの初2マンがWWW & WWW Xのアニバーサリーとして開催

渋谷のライブハウスWWW & WWW Xのアニバーサリーシリーズとして1/9(日)にSTUTSとどんぐりずの初の2マンイベントが開催される。

【ライブレポート】STUTS『90 Degrees LIVE at USEN STUDIO COAST』|セッションとマイクリレーのオンパレードで夜を使いはたす

STUTSが10月27日に東京・USEN STUDIO COASTにてワンマンライブ『90 Degrees LIVE at USEN STUDIO COAST』を開催した。会場チケットは早々に完売。スペースシャワーによる配信サービスLIVEWIREの生配信からも多くのファンが見守った。Twitterでは「楽しみ!」といったコメントが多数投稿され、オンラインとオフライン双方で開演前ならではワクワク感を醸造していった。

STUTSのワンマンライブに仙人掌、Daichi Yamamotoの追加出演が決定 | 新作グッズの発売も

STUTSがバンドとゲストと共に作り上げる『“90 Degrees” LIVE at USEN STUDIO COAST』の追加ゲストが決定した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。