BEST BUY 2020 Selected by YUYA TANAKA(Diaspora skateboards)

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は、Diaspora skateboardsと、Cabaret Povalのデザイナーを務めるYUYA TANAKAのベストバイ。

BEST BUY 2020 Selected by Diaspora skateboards

EpiphoneのJack Casady Bass Ebony

最近またStone Rosesを凄く聴く周期が来て、ライブをYouTubeなどで観てたら10年ぶりにベースをやりたくなりました。そんなこと思いながら観てたオンラインライブで、The Stone Rosesのマニがこのベースを使っていて、そのまますぐ購入しました。

今年印象的だったこと

Diaspora skateboards "SYMBIOSIS" Premiere

10年かかりましたが、ようやくフルレングスを発表できました。様々なスケーターやアーティストに協力していただき、自分たちらしい作品を出せたと思います。とにかくビデオの事ばかり考えてやってきたので、非常に感慨深かったです。

告知

2021年初頭には、『SYMBIOSIS』を発売予定です。ビデオ内で使った様々なアーティストによるインストのBGMには、親交の深いラッパー達によるラップが乗り、CD / ストリーミングも併せて発表します。ぜひお楽しみに。

Diaspora skateboards

2010年に設立された、東京を拠点に活動するスケートレーベル / ビデオプロダクション。

不定期に発表される映像のBGMとして、KID FRESINO / JJJ / 16FLIP / MASS-HOLE / Aru-2等のアーティストの楽曲を選曲。
またFla$hBackS / KID FRESINO / ISSUGI / STUTSらのMV制作も行うなど、国内の音楽シーンとも密接につながっている。

ファッションシーンでは、GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといった、ドメスティックブランドとのコラボレーションでも話題を集める。

2020年1月には、フルレングスビデオ『SYMBIOSIS』を発表。

related

Diaspora skateboardsがフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』の発売を記念しBALの江田龍介がデザインしたTシャツを発売

本作品の発売を記念し、『SYMBIOSIS』のジャケットデザインを手掛けたBALの江田龍介によるデザインを採用しのTシャツを同時販売。

Diaspora skateboardsのフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』が発売決定 | サントラには16FLIP、tofubeats、JJJ、STUTS、Campanella、KID FRESINO、BIMなどが参加

Diaspora skateboardsが、2020年に発表したブランド初のフルレングススケートビデオ『SYMBIOSIS』(シンバイオシス)を3/26(金)にフィジカルリリースする。

Diaspora skateboardsが2021 SSのLOOKを公開|Hikaru Matsubara、nico ito、VOYAGE UTOPIAらがデザイン提供

Diaspora skateboardsが2021 SSのLOOKを公開した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。