BEST BUY 2020 Selected by Young Coco

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は、今年9月にリリースされたEP『NOT REGULAR』も話題となったYoung Cocoが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Young Coco

AGNESKRUEL®︎ leather bag

コメント

友達が作っているブランドで自分のリリースライブの時にAGNESKRUEL teamがリリース祝いでプレゼントしてくれました!個人的にデザインも好みで身につけてみたいと思ってたのですごく嬉しかったです☆彡

※もらった時道玄坂のファミマで胴上げしてもらいましたwww

2020年印象的だったこと

リリースライブ!初めてソロでリリースライブをして凄く思い出に残りました!今回の『Not Regular』は自分のことももちろん周りの友達の感情とかを取り入れたりして作った作品だったのでリリースライブも俺一人だけじゃなくて全員でいい景色が見れてよかったです!

告知

今年Young Cocoのアルバム、NOT REGULARがリリースされたので沢山の人達に聞いて貰えたら嬉しいです!

Young Coco

Young Coco(ヤングココ)は兵庫県西宮市出身の若干23歳のラッパー。彼の持つ独自の世界観は、日本国内だけに留まらず、アジア は 韓国や中国、台湾、タイそしてアメリカ ヨーロッパ など 幅広くその名を知られている。かつて、海外では主流とされていた音楽配信サイトSound cloud や datpiff では自身の作品であるMixtape – Trend Setter Boy[ #TSB ] Vol.1 ~ Vol.3を立て続けにリリースし、国内はもちろん、その才能は海外からも注目を集め、現在も世界の様々な有名アーティストとも交流を深めている。特に#TSB Vol.3に 収録 されている” Sakkaku ” や “KONOMAMA ” ‘‘22vision” これらの曲は、国内外のファン達にとって最も中毒性が高く、まさに錯覚現象を巻き起こし、国内Hip Hopシーンにも大きな影響を与えた。近年ではProducerとしてトラックの制作や音楽の枠を越えアートやモデル、そしてファッションアイコンとしても活躍の場を広げている。

related

Young CocoとLEXのコラボ曲“No Pressure!!!”のMVがH.G.A.S.から公開|ディレクターはIORI、撮影はNasty Men$ahが担当

HYSTERIC GLAMOURによるプロジェクトH.G.A.S.(HYSTERIC GLAMOUR AFTER SCHOOL)の第二弾作品として、Young CocoとLEXのコラボ楽曲“No Pressure!!! (アルバム『05:56 KOKORO』より)” のMVがスタイリスト、モデル、セレクトショップのバイヤーとして絶大な支持を集める新鋭スタイリストIORIをディレクターに迎え、Nasty Men$ah撮影によるコラボMVとして公開される。

Young Cocoがニューアルバム『05:56 KOKORO』をリリース | LEX、SANTAWORLDVIEWが参加

関西ヒップホップシーンの雄HIBRID ENTERTAINMENTに所属するラッパーのYoung Cocoが、ニューアルバム『05:56 KOKORO』を本日8/27(金)にリリースした。

Young Cocoがニューシングル"TOKYO!!!"をリリース

Young Cocoが最新EPからの先行シングルとして、本日7/23(金)に"TOKYO!!!"をリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。