BEST BUY 2020 Selected by 近藤大彗(No Buses)

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回はソロプロジェクトCwondoとしても活動、今年はBIMとのコラボ曲“Good Days”と“Non Fiction”も話題を呼んだNo Busesのボーカル&ギター近藤大彗が登場。

BEST BUY 2020 Selected by 近藤大彗

ビリーコーガンのTシャツ

コメント

色、形、プリントが最高です。

2020年印象的だったこと

BIMくんとの作曲やソロ名義の活動など初めてで刺激的なことが多かったです。

バンドはレコーディングもずっとしていましたし、家に篭ってる時間は多かったですが、濃い一年でした。

告知

来年はバンドもソロもアルバムが出るのでリリースされた暁には聴いてくれるととても嬉しいです!

No Buses 近藤大彗

2016年結成。

2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受け、夏には出れんの!?サマソニ!?から選出されSUMMER SONIC2018出演。

1stEP『Boring Thing - EP』は発売から3カ月で完売、Tomato Ketchup Boysとの共同企画は東京・大阪ともソールドアウト。

2019年8月に初の海外公演を韓国で行う。9月にリリースされた1st Full Album『Boys Loved Her』はタワレコメンオブザイヤーを受賞した。

2020年にはBIM「Non Fiction feat.No Buses」に参加にジャンルを超えたコラボで驚かせた。国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。

related

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 – 』の振替公演が来月開催

延期を重ねてきたBIMとD.A.N. 、No Busesによる3マンイベント『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 – 』の振替公演が、12/29(水)にTSUTAYA O-EASTにて開催されることが決定した。

No BusesとTENDOUJIによる初の2マンライブがWWW・WWW Xのアニバーサリー公演として12月に開催

No BusesとTENDOUJIによる初の2マンライブがWWW、WWW Xのアニバーサリー公演として12月5日(日)に開催される。

No Busesが2ndアルバム『No Buses』から“Yellow Card”のMVを公開

No Busesがセルフタイトルを冠した2ndアルバム『No Buses』のアナログ盤を明日10月13日にリリース。同作から“Yellow Card”のMVを公開した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。