GeGが主宰するGoosebumps MusicのHiplinが"CHOKING"のミュージックビデオを公開

変態紳士クラブのGeGが主宰する新レーベルGoosebumps MusicのアーティストであるHiplinが"CHOKING"のミュージックビデオを公開した。

Hiplin自身によるセルフプロデュースとなる"CHOKING"は、「頑なに歯を食いしばった」という本人が上京した時の気持ちがメッセージとして込められたものとなっている。

また、Goosebumps初の公式グッズのリリースも決定。変態紳士クラブのVIGORMANが発案したGeGのサイン風ロゴTシャツに加えて、レーベルのロゴTシャツ、オリジナルBicライターと共にGeGの1stアルバム『Mellow Mellow~GeG's PLAYLIST~』のCDの再発盤もリリースされる。これらは12/25(金)12時より、Goosebumps MusicのHPにて数量限定で販売開始だ。

related

GeGによる新レーベルから第一弾アーティストHiplinのEP『CHOKING』がリリース

変態紳士クラブのメンバーでもあるGeGが新レーベル『Goosebumps Music』をスタート。本日11/11(水)にシンガーソングラターHiplinの1st EP『CHOKING』がリリースされた。

GeGが自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"をリリースしミュージックビデオを公開

Hiplin、WILYWNKA & kojikojiを迎えた"I Gotta Go"が大きな話題となっているGeGが、自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"を本日リリースしミュージックビデオを公開した。

GeGがkojikoji、WILYWNKA、Hiplinを迎えた新曲"I Gotta Go"をリリース

変態紳士クラブのGeGが、スマッシュヒットした"Merry Go Round feat.BASI, 唾奇, VIGORMAN & WILYWNKA"に続き、ソロ名義の2ndシングル"I Gotta Go feat. kojikoji, WILYWNKA & Hiplin"を3/4(水)にデジタルリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。