BEST BUY 2020 Selected by 長場雄

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、活躍したアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は、現在SAIにて個展を開催中のイラストレーター / アーティストの長場雄のベストバイ。今年連載My Classicsにて音楽的なルーツをインタビューしているのでこちらもチェック!

BEST BUY 2020 Selected by 長場雄

Bottega Venetaのチェルシーブーツ

コメント

元々CelineのデザイナーのアシスタントをやっていたDaniel Leeという方が、Bottega Venetaのデザイナーに就任したので気になっていました。バッグとかもかわいくなってて、その中でもブーツが好みだったので購入しました。

足が痛くなったり紐を結ぶのが面倒くさかったりするので、普段革靴はあまり履かないのですが、チェルシーブーツはサイドがゴムだから履きやすいです。あとソールがボリューム感があり今っぽくてかわいいです。

今年印象的だったこと

個展『The Last Supper

やはり個展が一番印象的です。話を貰っていたのはもっと前ですが、準備は3.4ヶ月前からしていました。初の立体作品にも挑戦し、その作品はステンレスでできているのですが、自分の手ではなく業者さんにお願いして作って貰ったので仕上がりのイメージが掴めず最後までドキドキしていました。メインの「The Last Supper」の絵のアイディアは前からあったのですが、今回の個展では大きなサイズを作れるということで、改めて大きなキャンバスに描いたものになります。個展自体もたくさんの方に来ていただいて好評を頂けて嬉しいです。

告知

ピーナッツ × 長場雄のコラボレーションアイテムが、1月よりグローバルで発売
https://www.uniqlo.com/jp/ja/spl/ut-graphic-tees/peanuts-yu-nagaba/women

長場雄

イラストレーター、アーティスト。

1976年東京生まれ。東京造形大学デザイン学科卒業。アーティストとして個展を開催する他、雑誌、書籍、広告、様々なブランドとのコラボレーションなど領域を問わず幅広く活動。過去のワークスに、UNIQLO、ASICS、G-SHOCKとのコラボレーション、その他、マガジンハウス、RIMOWA、Technics、Spotify、Universal Music、Monocleなど国内外問わず様々なクライアントにアートワークを提供している。

related

BEAMS Tが20周年記念し合同アートショーを開催|長場雄、花井祐介、河村康輔、ナイジェルグラフ、UND、HIROTTON、Yabiku Henrique Yudiなどが参加

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tが、今年で20周年を迎える。その周年を記念し、ビー ムスT 原宿にて記念イベントを開催する。

長場雄とポテトチップスとのパッケージコラボがセブンイレブン限定で登場|コラボアパレルもオンライン限定発売

カルビーのロングセラー商品である「ポテトチップス うすしお味」と「ピザポテト」のパッケージをアーティストである長場雄がデザインした特別パッケージが2021年6月1日(火)から順次首都圏や北陸地方など14都県のセブンイレブンで発売される。

CONVERSEが長場雄とのコラボレーションアイテムを発表

CONVERSEがアーティストの長場雄とのコラボレーションアイテムを発表した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。