BEST BUY 2020 Selected by Grace Aimi

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回はChaki Zuluプロデュースのデビュー曲“Eternal Sunshine”で注目を集める2000年生まれのポップシンガーGrace Aimiが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Grace Aimi

厚底crocs

コメント

モールで普通に歩いてたら何かに呼ばれてる気がするなと思って右を見たら厚底crocsが輝いてるように見えたので速攻買いました。

元々クロックスと厚底が大好きだったので自分が大好きな世界が混じってて嬉しいです。

2020年印象的だったこと

今年、自分のデビューシングルとなる”Eternal Sunshine”をリリースすることができました。自分の夢を友人達と叶えていく事も、自分の音楽で知らない人達も笑顔にさせることができたと感じたので、2021年はもっと自分のためにも、人に元気づけるためにも頑張りたいと思いました。

また、今年はコロナで遠出ができなかったので、自分が住んでる沖縄本島の今までに行ったことのない場所へ行ったり、友人や家族とお家の中で遊んだり、部屋の中で音楽をつくったりしてました。

告知

Eternal Sunshine (Prod. Chaki Zulu) 配信中!

Grace Aimi

2000年生まれ沖縄県出身。

YouTubeにて実弟と共にGracie & Gabeとして活動をスタートし、ウクレレに合わせて歌った数々のカヴァー楽曲動画がSNS上で瞬く間に話題となり、デビュー前にしてチャンネル登録者数は10万人を超え、累計再生数は1000万回以上を記録。

2020年8月31日、本名のGrace Aimi名義で、AwichやkZmなどジャパーニーズヒップホップを牽引するラッパーたちのプロデュースをはじめ、世界標準のサウンドで絶大な支持を得てきたプロデューサー、Chaki Zuluプロデュースによる「Eternal Sunshine」をリリース。

バイレイシャルでバイリンガルという彼女の声に人々の心を根源的に揺さぶるパワーが魅力なZ世代のポップシンガー。

Tw: https://twitter.com/GraceAimi 

Ig: https://www.instagram.com/graceaimiofficial/

Yt:https://www.youtube.com/channel/UCNKoCfbVlLjDhNwrEMgzRrQ

related

Grace Aimiが新曲"True Feelings"をリリース | アニメーションMVも公開

精力的な活動を続けるGrace Aimiが、早くも4曲めのシングルとなる"True Feelings"を本日3/26(金)にリリースした。

Crocsのブランドキャンペーン『Calling All Classics』の第1弾にLEXとGrace Aimiが登場

Crocsがスタートしたブランドキャンペーン『Calling All Classics』の第1弾にLEXとGrace Aimiが登場。

Grace AimiがChaki Zuluプロデュースによる3rdシングル"My Eyes"をリリース

沖縄出身のポップシンガーGrace Aimiが、これまでのシングルと同じくChaki Zuluがプロデュースしたニューシングル"My Eyes"を本日2/26(金)にリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。