BEST BUY 2020 Selected by KM

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は、今年リリースの(sic)boyとのEP『(sic)'s sense』、アルバム『CHAOS TAPE』を始め、JJJとKEIJUによる“STRAND”や田我流との“3rd TIME”など、数々のコラボやビート提供で活躍を見せたプロデューサーKMが登場。

Best Buy 2020 Selected by KM

Tracey Thorn 『BEDSIT DISCO QUEEN

安アパートのディスコクイーン トレイシー・ソーン自伝

コメント

「Everything But the Girlが好きで、」と言うよりも、UKのPUNKとElectronicaやTrip Hopの、その当時の雰囲気に興味があったから。

僕が10代の頃にDJとかで遊んでたのは吉祥寺と下北沢と渋谷、六本木だったけど、イギリスってどんなんだったんだろうって気になって。

400Pもあって、おまけに1ページ内で二段に分かれてるのですごく長いです。

レーベルで言うとNINJA TUNE、Mo’ Wax、Warp、!K7…PortisheadとMassive Attackと。。anticon周辺や00年代のElectronicaも…

書ききれないけど、レコード引っ張り出して洗い直したり、Bandcampでデータ見直したり。

今年印象的だったこと

たくさんのラッパーとシンガーと曲を作りました。特に(sic)boyとのコラボアルバム『CHAOS TAPE』制作が一番時間がかかってます。SNSを見ると嫌なニュースばかり飛び込んでくるから、それにやられないように。制作に集中してたら良い雰囲気がキープ出来た。

告知

毎月第二土曜日 STEREO WAVE at SOUND MUSEUM VISION

毎月第三火曜日 add.some Radio block.fmにて放送中

今年の年末 12.30(wed) は大阪で starfestival closing 2020 に出演します

KM

音楽プロデューサー。

ヒップホップに根ざした音楽スタイルを保ちつつ、異ジャンルとの果敢なクロスオーバーを試みる制作姿勢が常に話題に。
すでに数多くの楽曲やRemixワークを世に送り出している。自身名義では「Lost (EP)」(2017)、「Fortune Grand (Album)」(2018)、田我流とのEP「More Wave」(2019)、(sic)boyとのEP「(sic)'s sense」、Album「CHAOS TAPE」(2020)をリリースしている。

現在2nd Albumに向けて部屋篭り中。

https://www.instagram.com/kmmusic_official/

related

Lil’ Leise But GoldがKMプロデュースの新曲“Remind You”をリリース

東京都出身のオルタナティブR&BアーティストLil’ Leise Bud Goldが、KMプロデュースによる新曲”Remind You”をリリースした。

KMが創案したオンラインビートメイクコンテストが開催決定 | 次世代のビートメイカーを発掘へ

次世代を代表するビートメイカーの発掘を目的としたオンラインビートメイクコンテスト『Roland presents KM BEAT CYPHER 2021 supported by OTAIRECORD』が開催される。

KM、JNKMN、Leon Fanourakis、MonyHorse、SPARTA、MFSによる“Beyond The Lines”がリリース

KMのビートにJNKMN、Leon Fanourakis、MonyHorse、SPARTA、MFSがラップで参加した“Beyond The Lines”が11月5日(金)にリリースされる。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。